« EU憲法条約否決の風刺画 | トップページ | アメリカ独立記念日から世界を振り返る »

2005年6月30日

フランスの凋落:Marianne, elle a perdue son rôle?

先のEU憲法の国民投票では、フランスの凋落が印象づけられた。これまでは独仏枢軸こそがヨーロッパ統合を推進してきたと思われてきたが、そのフランスで憲法条約が否決された。これでEUでのフランスの影響力の低下は必至である。さらに注目すべきはエリートに対する市民の抵抗という側面である。憲法起草者のバレリー・ジスカールデスタン元フランス大統領やジャック・シラク現フランス大統領といったヨーロッパのトップクラスのエリート官僚がことごとく敗北を喫したのである。これからフランスはヨーロッパでどのような立場に立つのだろうか?

今回の否決には東欧からの安い労働力の流入による失業率の増大や経済不振などがささやかれているが、最も大きな要因はEU自体の性格が変わってきたことにある。発足当初のEECでは歴史や文化の背景が似通った6ヶ国(フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク)だけが加盟していたが、今や東欧、北欧への拡大してしまった。こうなると独仏枢軸を中心としたヨーロッパ統合というわけにはゆかなくなる。さらにイギリスの有力シンクタンクであるヨーロッパ改革センター(Centre for European Reform)のチャールズ・グラント氏はフォーリン・アフェアーズ5月号に寄稿した”What if the British vote no?”という論文で、今のヨーロッパでは中軸国のフランスやドイツよりも周辺国のイギリス、ポーランド、北欧、バルト海諸国の方が経済が好調なので中軸国の相対的な力が弱まっていると述べている。そのうえに米英が後押しするトルコが加盟するようになれば、もはやキリスト教文化を共通基盤としたEUではなくなってしまう。今回の憲法条約が否決されたことに加えてヨーロッパの力関係の変化と多様化によって、フランスの影響力はさらに低下するであろう。

一般市民、特に日本人の間では独仏枢軸によるヨーロッパ統合が美化され過ぎている。だが実際にはリアリスト的な国益追及が動機であったことを忘れてはならない。歴代のフランス大統領が描いた対ヨーロッパ政策の基本となったのはシャルル・ドゴールの考え方で、ドイツと組んでヨーロッパの主導権を握って米英ソに対抗しようというものである。植民地を失ったフランスにとって、ヨーロッパ統合での主導権は心理的な埋め合わせにもなった。後にイギリスがECに加盟してもこの方針は受け継がれた。歴代のフランスの指導者が抱いた発想は、国家主権に対するブリュッセルの官僚支配を嫌ったマーガレット・サッチャーの考え方と表裏一体をなすものである。実際に1966年の「ルクセンブルクの妥協」では共同体が国家主権を超えた権限を持たぬようにフランスの主張を押し通した。歴代の指導者からしてこうである。となれば、一般のフランス国民が突然に憲法を批准しますかと言われても拒否するのは当然である。統合の理念のために自分達の社会を犠牲にはしたくないものだ。

今後のフランスはどうすべきか?まずフランス自身が時代錯誤な大国意識を捨て去る必要がある。<<L’état, c’est moi.>>(国家それは私である=朕は国家である。ルイ14世の一言)の時代はとっくに過ぎ去った。今や<<L’état, c’est Jaques Chirac.>>(国家、それはジャック・シラクである。)の時代になってしまった。ルイ14世もナポレオンもドゴールもいない。今のフランスにいるのはエリート官僚出身の小粒な指導者ばかりである。しかも往時の国力は備わっていない。戦略核兵器や原子力空母などの大型兵器を保持して何とか大国の面目を保とうとしているが、バルカン半島や中東でのフランス軍の働きに対する評価は低かった。また枢軸のパートナーであるドイツも経済が振るわないとあっては、フランスにとってヨーロッパ統合の推進役は余りにも重過ぎる。

ではどうすべきか?フランスが主導するヨーロッパという考え方は一切捨て去って、より広い大西洋世界に開かれたヨーロッパにすべきであろう。元々、ヨーロッパ統合はアメリカの支持によって推進されていった。後のイギリス加盟も、冷戦後の東欧諸国の加盟もアメリカの支援があってのものだ。トルコの加盟要求もアメリカの後押しを受けている。アメリカは強く安定したヨーロッパをパートナーとしたがっている。このところ、日本では「東アジア共同体」なる構想が語られているが、この事実を銘記したうえで議論すべきである。よってフランスはゴーリスト思考を捨て去って、ヨーロッパを配下に置いたうえでアメリカとは独自の立場を築こうという野望は追求しないことである。そして、「自主路線」の名の下にかつてのサダム・フセインや現在の中国に武器を売却すべきではない。こうした問題のある国への武器輸出がフランスの威信を高めただろうか?

だがフランスからゴーリスト思考を排除するのは難しそうだ。今回の憲法投票でもフランス政府は、条約の否決は「アングロ・サクソンの陰謀」を利すると呼びかけたという。この次にはイギリスでの国民投票が控えていたにもかかわらず。フランスのエリート達はいまだに自国をアングロ・サクソンの世界支配に対するヨーロッパ人の代表とでも思っているのだろうか?こういう考え方が拒否されたなら、フランスの未来も明るい。一般国民の方が健全な意識の持ち主のようだ。

ヨーロッパのボスの代わりに、フランスにはもっとふさわしい役割がある。途上国との南北対話の橋渡し役だ。特にフランス語圏との独自のつながりは他の国にはない強みである。トニー・ブレア英首相がアフリカ支援について提言している。フランスもこの問題ではかなりの役割を果たせるはずだ。アメリカに「対抗」するだけがリーダーシップの発揮ではない。

そしてフランス自身も変わる必要がある。今回の条約否決では、ジスカールデスタンとシラクというENA出身のエリート官僚がそろいもそろって敗北を喫した。これを機に極端なエリート偏重の社会構造を改めるべきではなかろうか?

ここでENA(École Nationale d’Administration=国立行政学院)について若干の説明をしておく。これは上級官吏の養成を目的とした教育機関で、定員はわずか100名という超難関である。ここから輩出されたエリート官僚がフランスの政財界を支配している。東大法学部さえ足元にも及ばない権威を備えている。

今や政治と経済の両面で官僚支配からの脱却は時代の流れである。閉鎖的なエリート社会がいつまでも国民のうえに君臨するようでは、冷戦後の新生ヨーロッパの落伍者になりかねない。新しいタイプの指導者が出ないと、フランスの再生はないだろう。

最後にフランス語は?これはこれからも国の誇りとして良い。故ダイアナ妃がスイスの花嫁学校を卒業したのも、上流階級にふさわしくフランス語を身につけるためであった。アジアの某大国のような見苦しい真似をしない限り、多いに結構!

|

« EU憲法条約否決の風刺画 | トップページ | アメリカ独立記念日から世界を振り返る »

英米特別関係&大西洋同盟」カテゴリの記事

コメント

舎さん、

TB頂き有難うございました、とても勉強になります。

>フランスのエリート達はいまだに自国をアングロ・サクソンの世界支配に対するヨーロッパ人の代表とでも思っているのだろうか?こういう考え方が拒否されたなら、フランスの未来も明るい。一般国民の方が健全な意識の持ち主のようだ。<

つい最近も、英米に対する露仏大統領がくだらん悪口を言って溜飲を下ろしていたのが報道されましたね。でも、こういう意識、特に米国に対する意識、欧州人全体にあるような気がします。そして、欧州留学経験のある邦人にも。「2ヶ国語を話す人はバイリンガル、3ヶ国語はトライリンガル、じゃあ1ヶ国語だけは?・・・アメリカン!」みたいな話題で盛り上がってますよね。

>アジアの某大国のような見苦しい真似をしない限り、多いに結構!

これ、ちと意味が分かりませんでした・・・

投稿: kaku | 2005年7月 6日 21:29

>こういう意識、特に米国に対する意識、欧州人全体にあるような気がします。

国によりますが、東欧諸国のように新しく西欧社会に組み入れられたところでは、親米のようです。

最後は意味がわかりにくくてすみません。アジアの某大国とは中国を指します。中国が外交部の記者会見で英語を使用せず中国語を使用したり、在日大使館で英語サイトがなかったりという自国語優先主義は見苦しい限りです。一体、何様?
フランスにとって仏語の普及は文化外交の中核ですが、中国のような醜い振舞いでなければ多いにやっても良いと思っています。

言語というのは政治的象徴として重要な意味合いがある場合が多いです。トルコはケマル・アタチュルクによってアラビア文字からローマ字表記になりました。パーレビ王制期のイランではアラビア語起源の語彙を排除し、ペルシア語の浄化が行なわれました。遅れたイスラム国家ではないという訳です。

政治には実利とは関係の薄い象徴に関わる問題が本当に多いです。神社の参拝、教科書、国旗、国家・・・・。言語も含めて、こうした象徴とういものが合理性では計れないほど大きくなるのが、面白くも恐ろしくもあります。

投稿: 舎 亜歴 | 2005年7月 7日 22:18

舎さん、

ロンドンの同時多発爆弾事件、大変ですね、まずはお知り合いなどに被害がおありではないことを祈ります。この事件が英首相の言うとおり
「アルカイダ系」によるものであるならば、次は日本?注意が必要であり、心配です。地震も怖いしな~

>東欧諸国のように新しく西欧社会に組み入れられたところでは、親米のようです。

そうですね、2002-2003に米国に滞在した際、東欧諸国からの米国への出稼ぎ/移民が中米からのそれと同じ位の増え方に驚きました。やはり何処の国でも、「一生懸命働いて豊かになり、自由を味わいたい」と言う精神を持つ人は、向かうベクトルが同じになるのでしょうか。

>自国語優先主義は見苦しい限りです。一体、何様?

ああ、でも、彼らのあれは、“利”の前ではあっという間に消滅する程度の張子のトラ。だいたい、英語圏人を前に商売すると"Call me Love!"とか言って自分の中国語名とかすりもしない英語名を通称にしちゃうたくましさがあります。我々もほんの少しは見習わなくてはいけないかもしれません・・・かね?

>政治には実利とは関係の薄い象徴に関わる問題が本当に多いです。神社の参拝、教科書、国旗、国家・・・・。

舎さん、私が「センチメンタリズム」といった通りではアリマセンか、政治は民=人間を治める為のものです。人間、基本的には情や五感で動くもので、それがあながち間違っていないことの方が多い、と思いませんか。合理的/実利的であることは、それらの行き過ぎをサポートする為の鏡程度の役割でよいのではないかと私は思います。

だって、政治家を好き/嫌いで選ぶ場合、理で選んだ場合、意外と同じ答えになるんですよ。

投稿: kaku | 2005年7月 8日 11:27

今や好き嫌いが国際政治で大きな問題となっているようです。テロ、反日、EU憲法の否決は全てそうしたことが関わっています。これまでのように理念と権力・利害関係だけで政策を立てられない時代に突入したようです。

そうした時代には自国を相手国に好きになってもらう努力も大事になってきました。実はこちらにTBしてきた医学生のブログで、そうしたコメントをしました。この学生のブログは

http://blog.livedoor.jp/saishinigaku/archives/26769147.html

内容も充実した良いブログだと思います。

最後に誤解なきように一言つけ加えます。私は民族感情に考慮を払わないただの合理主義なんか信じていません。神社、国旗、国歌など、それを国民の精神的よりどころと見なすか否かで考え方は変わってきます。

とは言っても感情任せの暴力行為や特定国への誹謗中傷はいつか敗れ去るのみです。今回のロンドン・テロはG8に泥を塗るつもりだったのでしょうが、主要国の結束を強めてしまいました。米英と日欧の現状認識が一致して団結が強まるのを願うのみです。

投稿: 舎 亜歴 | 2005年7月 9日 15:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/4778001

この記事へのトラックバック一覧です: フランスの凋落:Marianne, elle a perdue son rôle?:

» 摩邪・マジャコング!吼える!Part.2 [神風特攻ブログ:燃えよ!ニッポン:武士の国!]
紫藤: さぁ!お待たせしました! 「摩邪・マジャコング選手」 の入場です! 熱い [続きを読む]

受信: 2005年7月 3日 01:09

« EU憲法条約否決の風刺画 | トップページ | アメリカ独立記念日から世界を振り返る »