« イラク再建:リベラルが見ても成果は挙がっている | トップページ | EU・ロシア財界円卓会議 »

2005年9月16日

お知らせ

当ブログを閲覧していただいた皆様、嬉しいお知らせがあります。本日発売の学研ムック「人気のブログ・ランキング200」(p.60)で当ブログが取り上げられました。これまで、「グローバル・アメリカン政論」をご支援いただいた皆様、ありがとうございます。

当ブログはいたずらに巷の話題となるような政治問題を追いかけず、時には世間の注目が低くても重要だと思われる問題を敢えて論じたりもしました。日々のニュースを忙しなく伝えるよりも、時代の流れをどのように論ずるかに重点を置きました。

こうした姿勢が皆様より支持されたことを感謝いたします。今後とも、一層の内容の充実をはかってゆきたいと思っています。

人気のブログ・ランキング:応援クリックを宜しく

|

« イラク再建:リベラルが見ても成果は挙がっている | トップページ | EU・ロシア財界円卓会議 »

お知らせ&報告」カテゴリの記事

コメント

おめでとう御座います。今後もがんばってください。

投稿: MikeRossTky | 2005年9月18日 07:24

どうもありがとうございます。今後も一層の充実をはかりたいと思います。

投稿: 舎 亜歴 | 2005年9月18日 20:05

舎 亜歴さん、

ご訪問、コメント有り難うございました。
私も時折こちらのブログに来させていただこうと思います。

これからも、どうぞ宜しくお願い致します!

投稿: インフォシェルジュ | 2005年9月18日 22:35

先日はTBとコメントありがとうございます。

私もTB等させていただくこともあると
思います、その際はよろしくお願いします。

PS 最近、TBに成人用HPをペタペタ
貼り付ける、どうしようもない輩がいます。
気をつけてくだされ。
私は、TB,コメントを受け付ける時間帯を
変えたりしていますが、それでも・・・

投稿: 慶次 | 2005年9月19日 03:30

インフォシェルジュさん、

こちらもより一層の内容充実とわかりやすいメッセージを目指してゆきます。

投稿: 舎 亜歴 | 2005年9月19日 15:56

慶次さん、

慶次さんの利用されているライブドアのブログにはスパムTBが多いようです。ただ全てのライブドア利用者がスパム責めに見舞われているわけではないようです。

目立つところには、スパムも多いのでしょうか。それでも利用者には良いところもあるのでしょう。

怪しいスパムは消すまでです。

投稿: 舎 亜歴 | 2005年9月19日 16:06

電車男{100万部突破}・嫌韓流{30万部突破}につづけ!    2ちゃんねるは金のなる木  -出版社談-

「ビラのHP」  「パクリ大国南朝鮮」  「韓国製品不買運動」  「新興宗教を考察する」   「オウム事件の本番」  のサイトを見せよう! 
学生は学校で、社会人は会社で、無職の方はご近所でチラシ制作&ポスティング!
※すでにご存知と思いますが空港などで空騒ぎしている多数は在日韓国人です。

賛同者を集めてデモを起こしましょう 
スローガン: 「テロリスト・暴力団 支援企業・団体撲滅運動展開中!」  「犯流ストップ! テロリストの資金源を断て!」 

社会的認知度が向上し、アイデアしだいでサイドビジネスのチャンス!

※上記文章の保存をお忘れないようお願いします

投稿: | 2005年9月20日 05:43

こんばんは、『依存症の独り言』で、彼方のブログを知りました。
記事と関係のない書込みで申し訳ありませんが、こちらには初めて書き込みさせていただきますので、よろしくお願いします。

彼方は『依存症~』で、「インド人が大英帝国の植民地支配を悪く言わない」と書かれてましたが、これは違います。
私が読んだインドの歴史教科書(近代インドの歴史、ピパン・チャンドラ著)でも、イギリス側の史料も載せながら彼らの冷酷な支配を詳細に記述してます。もし、関心があるなら、初代首相ネルーの書いた「父が子に語る世界歴史」を参照下さい。
インド人は歴史問題を外交の具にしないだけで、内心は許しても忘れてもいないのです。
特にインドでもヒンドゥー至上主義が台頭してますから、以前に比べ心情の変化はありますよ。

>「日本の朝鮮統治がイギリスのインド統治に比べて下手だったのでしょう」
まさにその通りです!朝鮮を支配した外来民族で、日本人くらい温情をかけた者もないですから(笑)。
「人間というものは軽度の侮蔑には復讐の気持ちも起こるが、大きな危害を加えられると復讐の気さえ失ってしまうもの(マキアヴェッリ)」だから。
イギリスの支配については、私も記事に書いてますのでTB貼らせてください。

投稿: mugi | 2005年9月21日 20:31

ネルーの著書は確かに有名ですが、あまり読まれてはいませんね。実際に図書館でも見かけません。それにしても、あれほど歴史認識を外交の駆け引きに使うとは、中国人や韓国人は理解しにくいです。世界のどの国も互いに侵略したりされたりの歴史を背負っています。

ヒンドゥー至上主義の矛先も現在の脅威であるパキスタンに向いているはずです。

>>「人間というものは軽度の侮蔑には復讐の気持ちも起こるが、大きな危害を加えられると復讐の気さえ失ってしまうもの(マキアヴェッリ)」

なるほど。確かに朝鮮半島人には、こともあろうに日本なんかに植民地にされたという潜在意識はあるようです。彼らにとっては、日露戦争で日本が負け、ロシアに支配された方が嬉しかったのでしょうか?そうなったら韓国の皆さん、北朝鮮と同じような酷い生活をしているはずなのですが。

投稿: 舎 亜歴 | 2005年9月21日 22:44

舎 亜歴さん

おめでとうございます。

これからも頑張ってください!

投稿: レア | 2005年9月22日 10:55

どうもありがとうございます。あと数日したら新しい記事を投稿します。その時はまたよろしくお願いします。

投稿: 舎 亜歴 | 2005年9月22日 21:18

舎 亜歴さん、コメントありがとうございました。

中朝が歴史認識を言い立てるのは日本だけで、他国にはしていない。要するに相手国を見てるのです。

>ヒンドゥー至上主義の矛先も現在の脅威であるパキスタンに向いているはずです。
最大のターゲットはパキスタンですが、その支援国の中国にも向けられてますし、国内のキリスト教徒へも不信を隠そうともしない。かつてイギリスの手先になった、という理由もありますが、欧米の先兵視する傾向があります。

朝鮮人はロシアに支配された方が精神上よかったと思いますよ(笑)。
中国王朝の属国だった時代でも、自国は小華と思い込んでたので、北朝鮮のような惨い生活をする羽目になっても、韓国人はロシアに次ぐ地上の楽土と妄信するかもしれませんね。

投稿: mugi | 2005年9月22日 21:29

>中朝が歴史認識を言い立てるのは日本だけで、他国にはしていない。要するに相手国を見てるのです。

日本は多くの国と戦いましたが、他の旧連合国は中韓のように歴史を取り沙汰にしません。日米教科書摩擦など考えられません。

いずれにせよ、今の日本人はアジアとの友好の重要性を過大評価しています。ヨーロッパも中東も重要なのですが、どの党もマニフェストでは触れていませんでした。

アジアが日本にただ近いだけでアメリカに次ぐ重要な国として扱うのは多いに疑問です。

投稿: 舎 亜歴 | 2005年9月22日 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/5973901

この記事へのトラックバック一覧です: お知らせ:

» 「最新人気ブログランキング200」(学研)に掲載されました! [Infocierge(インフォシェルジュ)]
はじめまして! 最新人気ブログランキングの記事を書きましたので、TBさせて頂きます。 よろしければ、ご訪問ください。 [続きを読む]

受信: 2005年9月17日 21:07

» 「最新人気ブログランキング200」について、その3 [速読講座スタート! 速読講座の開発及び運営の日日]
この「最新人気ブログランキング200」の話はまだ続きます(笑)。 何よりもブログというものを考えるキッカケになったかもしれません。 アクセス数は確かに増えましたし、 他のところからトラックバックしてもらえると、確かに嬉しいです。 もっともっと、このブロ...... [続きを読む]

受信: 2005年9月19日 11:09

» アイルランド [トーキング・マイノリティ]
 司馬遼太郎はアイルランドが好きだった。「街道を行く〜愛蘭土紀行」でも取り上げられていた。  当然ながらこの本ではアイルランドの苦難の歴史が記されている。欧州の大国イギリスの隣国だったばかりに8世紀に渡って支配下に置かれるが、その間民族、宗派の違いもあり対立は凄まじかった。特にクロムウェルが侵攻した時は、情け容赦のない民間人虐殺が行われたそうだ。19世紀には有名な大飢饉があり新大陸へどっ�... [続きを読む]

受信: 2005年9月21日 20:37

» 逆立ちした歴史 [トーキング・マイノリティ]
   かなり前、文藝春秋だったと思うが、日本の朝鮮支配はイギリスとは比較にならないほど酷いと書いた人物(在日若しくは本国の韓国人)がいた。では、インド人史家の書いた一例を紹介したい。世界史のテストによく出るセポイの反乱(1857-59)について。  「そこには優れた指導力がなく、組織は劣悪で終始仲間割れが絶えなかった。また反徒の一部は惨い殺し方でイギリス人を倒し、正義の戦の名を汚 し... [続きを読む]

受信: 2005年9月21日 20:38

« イラク再建:リベラルが見ても成果は挙がっている | トップページ | EU・ロシア財界円卓会議 »