« イラク憲法草案の是非:イスラエルからの視点 | トップページ | イラク再建:リベラルが見ても成果は挙がっている »

2005年9月11日

ロシアの民主化後退に要注意!:元スウェーデン外交官の分析

ロシアの民主化がうまくゆくかどうかはヨーロッパ、アジアそして中東の安全保障にも大きな影響を及ぼすが、最近はこの国に対する注目度は低くなっている。そうした中でアメリカでも有数のシンクタンク、カーネギー国際平和財団のアンダース・アスランド上級研究員が”Putin’s Decline and America’s Response”(プーチン政権の崩壊にアメリカがどう対処すべきか)と題するレポートを書いている。そのレポートによると第二期プーチン政権では中央集権化が進んだために、腐敗がはびこり政情が不安定になっているという。アメリカはロシアの民主化を推し進めるために全力を尽くすとともに、政情如何を問わず大量破壊兵器の不拡散やエネルギー資源開発といった共通の利害に関わる問題では両国の協調関係を推し進めるべきだと主張している。

アメリカには多くの有力シンクタンクがあり、そうしたシンクタンクが政治にも大きな影響力を振るっているのはよく知られている。その中でもカーネギー国際平和財団はモスクワに研究センターを設置して現地の研究スタッフを抱えているように、ロシアとの関係は深い。そうした事情からも、このレポートは非情に興味深い。

このレポートで注目すべき問題は、第一期(20002004年)には民主化と資本主義化を推し進めていったプーチン政権が第二期(20042008年)に入って権力集中化に走ったことと並行して外交政策にも良からぬ影響が出ているということである。実際に西側との関係も悪化するとともに、ウクライナの大統領選挙への干渉にも見られたように旧ソ連諸国には高圧的な態度で臨むようになってきている。アスランド上級研究員が記しているように、第一期プーチン政権の下でロシアの経済成長は年間78%と好調であった。法の支配も徹底させるなど、近代国家に向けた改革も順調であった。それでもプーチンは、エリツィン政権期に台頭した新興寡占資本家の政治的影響力を抑えるためとチェチェン紛争に対処するためには権力集中によって自分の政権を安定させねばならないと考えるようになった。このレポートに記されているように、プーチン政権は旧KGBを権力基盤としている。彼らにとって新興資本の政治的影響力の増大、イスラム系テロ活動の活発化、隣国ウクライナの民主化は座視できるものではない。まず手始めに200310月に新興財閥ユーコス石油のミハイル・コドルコフスキー社長を逮捕した。これ以後は新興財閥が政治に口出しを控えるようになってしまった。その後のロシアの内政と外交では権威主義化とナショナリスト化が進んでいったのは周知である。

こうしてプーチン大統領一人に権力が集中するようになって、政局はさらに不安定になっている。まず、議会や地方自治体の権限が弱められてしまったために中央政府の権力に歯止めをかけられる存在がなくなってしまった。KGB人脈ばかりが大統領を取り巻くようになると、腐敗も進行して政府の流す情報も信用されなくなってくる。反対勢力を一掃したプーチン政権にとって最大の脅威は、政権の権力基盤であるKGB人脈そのものであるという。政情悪化を見るに見かねてしまえば、かつてゴルバチョフに対して軍が行なったようにクーデターもあり得る。プーチンはKGBでは中佐に過ぎなかった。彼より高位にあった者がプーチンに敬意を抱くだろうか?またポーランドの「連帯」運動のように民衆が権力に対して立ち上がる可能性もある。このレポートではこのような懸念を論じているが、いずれにせよ由々しき事態である。

こうした事態にアメリカはどのように対処すべきであろうか?アスランド上級研究員は次のような提言をしている。

     アメリカからの民間選挙監視団の派遣。ロシアの民主化を阻害してきたのは不正選挙であり、この監視団を受け容れるか否かでロシア側はアメリカが行なう民主化に協力的かどうかわかる。

その他、選挙監視について諸々の提言をしているが、ここでは割愛する。そして以下の提言にも触れておきたい。

     セルビア、グルジア、ベラルーシ、ウクライナの例から見ても、旧ソ連・東欧地域では権威主義体制への民衆の抵抗で最も有効な手段は学生運動である。

ウクライナのようにプーチンが旧ソ連諸国の独裁政権を支援するようなら、アメリカは民主化抵抗運動を強力に後押しすべきであると主張している。ロシアが旧ソ連諸国を支配しようとしても、もはやそれだけの力はない相手をアメリカが恐れる必要はないと言う。確かにウクライナではフリーダム・ハウスをはじめとしたアメリカのNGOが学生運動による民主化を支援して成功したやり方はあまりにも見事であった。

その一方で、このレポートでは米露の共通利益が損なわれてはならないと主張している。大量破壊兵器の不拡散は両国にとって重要な課題である。ロシアを西側主導の国際経済体制に取り込んで、エネルギー開発でも西側とロシアの協調を進めるように主張している。

果たしてロシアに民主化を強く要求しながら両国の共通利益を追求するという離れ業は可能なのか?これについてアスランド上級研究員は、次のG8で議長国を務めるロシアは西側の要求する改革を推進してゆかざるを得ないと述べている。

注目すべきはタイトルにもあるようにアスランド上級研究員は元スウェーデンの外交官ということである。すなわちここでの主張はアメリカやイギリスの立場だけを反映しているのではない。アメリカを中心とした民主化の推進という考え方は、大陸ヨーロッパでも受け容れられていると見るべきである。日本人もこうした考え方の普及に乗り遅れてはならない。

民主化が進んだロシアからはプーチンを取り巻くKGB人脈は国営企業から一掃され、西側にとってもエネルギー開発がやりやすくなる。また最近になって問題になったように中国との軍事協力を進めてアメリカを牽制しようともしなくなるだろう。旧ソ連諸国への新帝国主義外交に見られるような、力の外交が影を潜めるからである。北方の巨人、ロシアの行方はヨーロッパにもアジアにも中東にも大きな影響を及ぼす。

そうした意味でも、このレポートには注目すべきである。

人気のブログ・ランキング:応援クリックを宜しく!

|

« イラク憲法草案の是非:イスラエルからの視点 | トップページ | イラク再建:リベラルが見ても成果は挙がっている »

ロシア&ユーラシア」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
BSでロシアのニュースを見たのですが、ユコスの社長が逮捕されたとき、ロシア国民(特に若者)は政府のやり方を批判するのではないかと思ったのですが、意外にも「ユコスはあくどい企業だから、逮捕されても当然さ。」と笑って答えている人が多かったのにはびっくりでした。
なぜでしょう?

投稿: cosmos | 2005年10月 4日 14:31

ロシアはウクライナと違って石油や天然ガスといったエネルギー資源大国です。限られた資本家への富の集中には反感も強いのでしょう。

プーチンとKGB人脈が強権政治を行なえるのは、それだけの背景があると言えます。

投稿: 舎 亜歴 | 2005年10月 6日 14:51

BRICSには興味をもっていますので今後参考にさせてもらいます ウクライナもロシアほどではないにしろ資源が豊富な国でオレンジ革命が挫折したがサツカーも強いし侮れないとみています

投稿: 星の王子様 | 2005年10月23日 19:52

どうもコメントありがとうございます。ウクライナは旧ソ連時代より優秀な科学者も多いですね。ユーシェンコ大統領は来日時にそのことをつよくアピールしていました。大前研一が述べたように、反日感情の強いアジアよりも東欧の方が日本にとって魅力ある投資先でしょうか。

投稿: 舎 亜歴 | 2005年10月24日 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/5889378

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアの民主化後退に要注意!:元スウェーデン外交官の分析:

» ロシアへの投資とリスク [30歳ベンチャー社長の上場への道  実感集]
トヨタに続いて、旭硝子 もロシアに工場を持つようだ。 モスクワ北西約100キロの [続きを読む]

受信: 2005年9月21日 06:37

» ムネオに怯える外務官僚(笑) [依存症の独り言]
今回は笑えるけど、まじめな話です。 鈴木宗男、今回の選挙で復活したけれど、れっきとした刑事被告人である。彼が政界入りできたのは、当時のニューリーダーで首相候補の一人でもあった故・中川一郎氏(中川昭一経産相の父)の筆頭秘書だったからだ。 中川氏は、タカ派の反共主義者でありながら出身地(北海道・帯広近郊)の絡みで、ソ連通としても有名だった。中川氏は自殺したが、米国に政治亡命した元KGB工作員が携行した極秘書類に「ソ連協力者」として名前が挙げられていたと言われる。 筆者も記憶している。ソ連崩壊後、旧ソ連... [続きを読む]

受信: 2005年10月 3日 23:44

» どうなるロシア、どうする日本 [旅限無(りょげむ)]
■来月には日本にプーチン大統領が来るというのに、ロシアの動きが目まぐるしくて、迎える日本が何を提案してどんな交渉をするのやら、はなはだ心配なここの頃です。 スイス司法当局が米国の指名手配に基づき拘束したロシアのアダモフ元原子力相を米国に引き渡す決定をしたことについて、ロシアのイワノフ国防相は3日、「もし決定が実行されれば、ロシアのあらゆる政府機関は元原子力相の人権が尊重されるよう、厳しく監視することになろう�... [続きを読む]

受信: 2005年10月 6日 12:34

» ロシア格上げ 5週間ぶりFBゼロ金利落札 [Star Prince JUGEM]
最近改善傾向の見られたロシアがムーディズから格上げされました 新興国が揺れる中の格上げ インド利上げ追加利上げ観測で中国シフトを見る向きもあります SAPIO 日本力特集でやはり伊藤洋一さんが登場していました。日本力の作者ですから。今日は5週間ぶりFBゼロ金利落札。日本も年末来春に向け力強い景気回復を見せるか 今日の日本のMKTは株高でJGBは金利上昇でした 2年債の入札を控えクーポンが0.1−0.2%が続していたのが久しぶりに0.3%になるかも市場が注目されています。 今日も欧州金利が連日上... [続きを読む]

受信: 2005年10月26日 19:53

» 北方領土は3度死ぬ [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
なんかもう遅い。60年もたってこの調子じゃどうしようもない。交渉というのは相手が弱っているときに有利にことが運ぶのに、今何をやっても無駄。 [続きを読む]

受信: 2005年11月22日 13:00

» プーチン露大統領が120人の経済界トップを連れて来日 [時事を考える]
プーチン大統領来日 露経済界トップも同行 エネ関係強化へとのこと、ロシアのプーチ [続きを読む]

受信: 2005年11月22日 13:06

» From Russia with Energy. [Espresso Diary@信州松本]
ロシアのプーチン大統領が、120人もの経営陣を連れて来日しています。フジサンケイビジネスアイの記事が、最も詳しい。読んで驚くのは、エネルギー産業の社長たちが30代〜40代であるという事実です。世界で最も大きな天然ガスの会社は「ガスプロム」で、そのアレクセイ・ミレ...... [続きを読む]

受信: 2005年11月22日 13:41

» 北方領土問題にもっとご理解をいただけないですか [「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
[日露首脳会談]北方領土問題で具体的な進展得られず日露首脳会談が行われ、小泉首相とロシアのプーチン大統領が北方領土について意見を交わした。 しかし、ロシアは相変わらず日本が主張している四島一括返還に対して首を縦に振らない。いろいろと争点をぼやかしてあいまい....... [続きを読む]

受信: 2005年11月22日 14:59

» 日露首脳会談についても [兄やんの一言モノ申す]
日露首脳会談の内容を見ていて改めて思ったのですが、とにかくマスコミは日本の外交に関して、無意味にネガティブなイメージを植えつけているように感じます。 わざとなのかそうでないのかは別として、外交だけにとどまらず、マスコミのせいで勝手にマイナスイメージに汚染....... [続きを読む]

受信: 2005年11月22日 15:43

» 日ロ首脳会談 [明日になればまた変わる]
首相官邸にて、 小泉総理大臣とロシア・プーチン大統領が会談中・・・ プーチン大統領は何しに日本へやって来た? 相変わらず北方領土問題は何の進展もせず・・・。 押しても動かない聞く耳持たないプーチン大統領の姿は 自分を鏡で見ているような感じか?小泉純一郎首相。 (いやいや。小泉首相の場合、ライオンになったりネコになったり?) ... [続きを読む]

受信: 2005年11月22日 19:48

» 北方領土進展なし [1喝たぬき]
ロシアのプーチン大統領が来日したが、北方領土については何ら発展はなかった。まあ当たり前で驚くことはないにもない。外務省の無能ぶりを改めて確認しただけだ。 [続きを読む]

受信: 2005年11月23日 20:19

» 北方領土 返してもらう気なんてないくせに [非国際人養成講座]
北方領土問題は解決しない。それは、北方領土問題はアメリカが日露間に打ち込んだ楔であるからだ。 [続きを読む]

受信: 2005年11月25日 00:14

« イラク憲法草案の是非:イスラエルからの視点 | トップページ | イラク再建:リベラルが見ても成果は挙がっている »