« EU・ロシア財界円卓会議 | トップページ | 英国の戦略核兵力:トライデント・ミサイルの後継兵器は? »

2005年10月 1日

弾道ミサイル拡散の現状

missile

この地図は核拡散が懸念される6ヶ国が保有する弾道ミサイルの現状を示している。ここに挙げた6ヶ国は射程距離1,000km以上の弾道ミサイルを保有している。ミサイルの射程範囲は円で示されている。

この内、インド、パキスタン、イスラエルはすでに核兵器を保有している。イランと北朝鮮については保有の疑いが濃厚である。

北朝鮮のテポドンIIはアラスカにまで達すると見られているが、実験は行なわれていない。

サウジアラビアは1987年に中国よりCSS-2を輸入しているが、核廃棄は保有していない。

参照:カーネギー国際平和財団大量破壊兵器不拡散プロジェクト

人気のブログ・ランキング:応援クリックを宜しく

|

« EU・ロシア財界円卓会議 | トップページ | 英国の戦略核兵力:トライデント・ミサイルの後継兵器は? »

グローバル問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/6194267

この記事へのトラックバック一覧です: 弾道ミサイル拡散の現状:

» 9-11 [Global American Discourse]
It was dreadful. Throughout the history, terrorism itself has been nothing rare. But never has there been a mass murder like 9-11. Since than, the priority of foreign and security policy has changed, as commonly understood. [続きを読む]

受信: 2005年10月 5日 20:55

« EU・ロシア財界円卓会議 | トップページ | 英国の戦略核兵力:トライデント・ミサイルの後継兵器は? »