« 日本政治での当ブログの立場 | トップページ | イラクよりの朗報:抵抗勢力分断か? »

2006年1月14日

米独関係の行方は?

興味深いリンクを紹介したい。先のブログ・カーニバルでも述べたアトランティック・レビューがドイツとアメリカの間に持ち上がった重要な問題を取り上げている。先の選挙で選出されたアンジェラ・メルケル首相が、拘留者への人権侵害を理由にグアンタナモ海軍基地の閉鎖を要求したことが「デル・スピーゲル」誌に掲載された

選挙でのメルケル首相の勝利は米独関係の改善につながると見られてきた。現在、メルケル首相はブッシュ大統領との会談のため訪米中である。事態はどのように進展するのだろうか?リンク先を見て、コメントしてみよう。

|

« 日本政治での当ブログの立場 | トップページ | イラクよりの朗報:抵抗勢力分断か? »

英米特別関係&大西洋同盟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/8162569

この記事へのトラックバック一覧です: 米独関係の行方は?:

« 日本政治での当ブログの立場 | トップページ | イラクよりの朗報:抵抗勢力分断か? »