« 米独首脳会談を手短にふり返る | トップページ | ロシア退役将軍は語る:自由だが民主的でない国 »

2006年1月28日

パレスチナの狂想曲:テロリスト風情に国家統治ができるのか?

1138340155_7069 先日のパレスチナ総選挙でハマスが勝利したが、はてはてテロリストに国家が統治できるのだろうか?

イスラエルにとって選挙結果は驚きである。

政権から下野するファタハにとっては残念な結果である。

そして予期せぬ政権の座が転がり込んでしまったハマスが途方に暮れている。

ボストン・グローブ、2006年1月27日

インターナショナル・ヘラルド・トリビューン、2006年1月28日

|

« 米独首脳会談を手短にふり返る | トップページ | ロシア退役将軍は語る:自由だが民主的でない国 »

中東&インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/8386368

この記事へのトラックバック一覧です: パレスチナの狂想曲:テロリスト風情に国家統治ができるのか? :

» ハマス幹部がイスラエルとの「長期停戦」条件示す [i☆Letter個別]
パレスチナ評議会(国会に相当)選挙で歴史的勝利を収めたイスラム原理主義組織ハマス [続きを読む]

受信: 2006年2月 1日 00:33

« 米独首脳会談を手短にふり返る | トップページ | ロシア退役将軍は語る:自由だが民主的でない国 »