« イラクとその後をめぐるアメリカの中東政策 | トップページ | 「イランの自由作戦」を遂行する市民のインターネット活動 »

2007年10月28日

ミリバンド外相新設の英国外務省ブログによる世界市民との対話

イギリスのFCO(Foreign and Commonwealth Office:外務英連邦省)がこの9月にブログを開設した。FCOには6人のブロガーがいて、学位取得分野、外交実務経験、現職、そして個性は実に様々である。FCOのブログはイギリスの外交官達がどのように世界の平和と繁栄に取り組んでいるかを知るうえで多いに役立つ。

デービッド・ミリバンド外務英連邦相はブログによる世界市民とイギリス国民との対話に熱心な理由を以下のように語っている。

政治とは対話と討論であるべきで、新しい技術によってこれまで以上にそうしたことが可能になった。しかし政治家と市民の間のギャップは拡大しているように思える。

私が先の内閣の閣僚としてブログを始めたのはこのような理由からである。市民との対話にはブログがきわめて有効だとの確信に至った。自分の仕事と考え方を説明するには通常の大臣会見よりはるかに個人的見解を述べやすく、しかも肩肘を張らなくて良い。私の仕事を国内外の人達がどのように思っているか直接聞くこともできる。

こうしたインターネットによる民主主義への熱心な態度はアルバート・ゴア氏を思わせるものがある。現職の前にミリバンド氏はブレア内閣の環境相であった。ただの偶然なのだろうか?

イギリス外交の数多くの問題の中で、私はアメリカ、ヨーロッパ、そして中東との関係を中心に述べたい。

以前の「ダビデとゴードン:英国新首相と大西洋同盟」という記事で述べたように、デービッド・ミリバンド氏はブッシュ政権のイラク政策に批判的であった。さらにイギリスがイラク南部から部分的に撤退したことは、スンニ派地域でのアメリカの増派とは著しい対照をなすものとなった。ブラウン政権の下で英米関係はどのように変化したのだろうか?ミリバンド外相の最近のブログ記事からは、イギリスがアメリカの中東政策の重要なパートナーであることに変わりないことがわかる。

1023日の“Deeds Not Just Words in Northern Iraq”という記事と1025日の“The Search for Peace in the Middle East”という記事で、ミリバンド氏はアメリカのコンドリーザ・ライス国務長官との会談について手短に述べている。イラク北部に関してミリバンド氏とライス氏の両外相は、イラクとトルコの両政府に対して英米両国がPKKによるクルディスタン地域でのテロ活動に対抗する決意を固めたというメッセージを送った。イスラエル・パレステチナ紛争に関しては、ミリバンド氏はイスラエルとの平和共存をはかるパレスチナ国家の建設によりパレスチナ人の苦境を救うべく政治プロセスを後押ししようとしている。ミリバンド外相はアメリカのリーダーシップの重要性を強調する一方で、ヨーロッパ諸国の指導者との話し合いも通じて米欧協調を推進しようとしている。こうした記事からブレア政権後もイデオロギー的な相違はありながらイギリスがアメリカの重要なパートナーであることがわかる。さらに詳しくはFCOニュース・リリースでイラク北部とパレスチナに関する米英外相共同記者会見の記事を参照できる。

実はデービッド・ミリバンド氏はアメリカとの緊密な関係には熱心である。ニューヨークのブルームバーグ市長とは「最も長い会談」を行なった。また、首都ワシントンのハワード大学ではアメリカ国民とグラスルーツ民主主義と少数民族の教育について議論した。

ヨーロッパも重要な問題である。そこでヨーロッパを中心に論じているジム・マーフィー氏リンゼイ・アップルビー氏のブログを紹介したい。ジム・マーフィー下院議員はヨーロッパ担当閣外相である。最近の記事ではヨーロッパ統合の推進を目指したリスボン会議とルクセンブルグ外相会議について言及している。EUの対外関係も重要である。ポルトガルのマフラで開催されたEU・ロシア首脳会談では気候変動、エネルギー、安全保障が話し合われた。マーフィー氏はヨーロッパ連合の域内政策と対外政策を理解するうえで有益なリンクを数多く示している。

リンゼイ・アップルビー氏のブログもジム・マーフィー氏のブログとほぼ同様な問題をとりあげている。しかしマーフィー氏と違ってアップルビー氏は政治家ではなく職業外交官である。そのためかブログでは、政策よりもEU官僚機構について語ることが多い。

中東からはサー・シェラード・カウパー=コールズ駐アフガニスタン大使のブログが多国籍軍と現地市民による民主化と国家建設の模様を伝えている。カウパー=コールズ大使は中東で長年にわたるキャリアを築き上げてきた。アフガニスタンの政治的進展の他にも、国や地域の指導者についてメディアが報道しないようなことも書き込んでいる。

残念なことに、イラクからのFCOのブログはない。左翼の間で広まっているイラクでの多国籍軍の取り組みに対するネガティブな印象を払拭するためにも、イギリスの外交官によるブログ開始が待たれる。

最後に二人のブロガーについて言及したい。マリア・ピア・ガゼラ氏はチリのサンチアゴ駐在の商務官である。大使館の現地スタッフのガゼラ氏にはイギリス人とは違った視点からのブログを期待したい。セーラ・ラッセル氏はロンドン大学キングス・カレッジをファースト・クラスで卒業してほどなく、今年の10月に外交官になったばかりの新人である。専攻分野は軍事研究である。愛らしい笑顔が印象的な彼女だが、頭脳も明晰でイギリス外交の将来を担う人材である。

FCOのブログからイギリスの外交政策の視点と英国外交官の仕事ぶりについて様々な情報が得られる。巨大メディアに遮られることもなく、政策形成者との対話もできる。素晴らしいことではなかろうか?

|

« イラクとその後をめぐるアメリカの中東政策 | トップページ | 「イランの自由作戦」を遂行する市民のインターネット活動 »

英米特別関係&大西洋同盟」カテゴリの記事

コメント

ミリバンド外相って若いですよね。
あういう若手を起用するところや、こういうプログをとうした活動に大英帝国の底力を感じます。

それにはてもサーの称号を持つ人もブログするんですね。
当然といえば当然ですが。

投稿: アラメイン伯 | 2007年10月30日 22:43

イギリスの政治家は大学にある党組織から経験を積む人が多いです。日本では大学卒業後に官僚、あるいは二世が一般企業で経験を積みます。その後で政界入りするので、同年齢のイギリスの政治家より政治経験は少なくなります。

また、依然として派閥力学が支配する日本政界では長老の方が有利になります。

ところで松浦亜弥や沢尻エリカが好きなアラメイン伯さん、正直に言いましょう。本当はカウパー=コールズ駐アフガニスタン大使よりも新人のセーラ・ラッセルさんに関心があるのでは?

彼女のブログなら、イギリスの外交官がどのように育つのかがわかるはずです。公務員としてもアラメイン伯さんの関心あるところと思います。

私はもっと大人の女性の方が好みです。でもラッセルさんの笑顔は良いですね。

投稿: 舎 亜歴 | 2007年10月31日 21:34

ご指摘のとうりです。
なかなか魅力的な女性ですな。

我が国の公務員にはなかなかいないタイプ。

投稿: アラメイン伯 | 2007年10月31日 22:55

アメリカ国務省もDipnoteというブログを開設しています。ただ、このように数人の政治家と外交官が別々に設けているわけではありません。

投稿: 舎 亜歴 | 2007年11月 5日 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/16900806

この記事へのトラックバック一覧です: ミリバンド外相新設の英国外務省ブログによる世界市民との対話:

« イラクとその後をめぐるアメリカの中東政策 | トップページ | 「イランの自由作戦」を遂行する市民のインターネット活動 »