« ようこそ日本へ!イ・ミョンバク韓国大統領 | トップページ | レッド・チャイナか、マッド・チャイナか?:チベットと五輪と圧政国家 »

2008年4月30日

ブラウン首相の米英首脳会談を振り返る

アメリカとイギリスの特別関係はグローバル・アメリカン政論では重要な論点である。この4月にはローマ教皇ベネディクト16世と韓国のイ・ミョンバク大統領をはじめ外国の首脳がジョージ・W・ブッシュ大統領を訪問した。その中でもイギリスのゴードン・ブラウン首相ほど重要な人物はいないであろう。ホワイトハウスのローズ・ガーデンで行なわれた共同記者会見でジョージ・W・ブッシュ大統領が述べたように、英米同盟は世界への自由と民主主義の普及で最も成功を収めてきた同盟である(スカイ・ニュース、4月18日)。

両国の特別関係を象徴するかのように、イギリス首相は世界の安全保障とアメリカ外交の重要課題を協議した。そこで話し合われたのは、イラク、イラン、第三世界の開発、保健衛生、食料危機、経済、そしてジンバブエの問題である。前任者のトニー・ブレア氏と違い、ゴードン・ブラウン氏は内向きだと見られていた。しかし、ブラウン氏は前任者とは違ったスタイルで世界に伍してゆける指導者であることを見せてくれた。

ブラウン首相は4月16日から19日にかけてアメリカを訪問し、ホワイトハウスと国連で重要な地球規模の問題を協議した。今回の訪米に先立ち、内閣府から“The National Security Strategy of the United Kingdom: Security in an Interdependent World”というレポートが公開された3月19日を機に首相は下院で新しい安全保障戦略に関する演説を行なっている。首相は冷戦後の脅威は冷戦期の敵に比べてはるかに想定しにくいいえに多様化していると述べた。ブラウン首相はテロ集団と圧制国家の緩やかなネットワーク、気候変動、疫病、そして貧困といった新しい脅威について言及した。こうした難題に対処するために、首相はアメリカ、NATO、EU、英連邦、そして国際機関との緊密な協調関係の重要性を強調した。ゴードン・ブラウン氏はイギリス政府が貧困、社会的不平等、統治の失敗といった問題に取り組むための支出を増やして途上国の安定化に寄与するとともに、究極的にはテロと組織犯罪を弱体化してゆくべきだと主張した。

16日にブラウン首相はニューヨークに到着し、ABCニュースの「グッドモーニング・アメリカ」に出演した。首相はEUとアメリカの緊密な関係によって気候変動、アフリカ、グローバル化の諸問題に対処すべきだと主張した。ブラウン氏はイギリスがイラクへの関与を継続するとともにイランへの制裁強化の可能性も示唆した。

また、首相は国連安全保障理事会でジンバブエに関する演説を行なった。この国の民主化はチベットの自由化に劣らず重要である。私は南アフリカが着実に民主化への途を歩んでいるのに対し、ジンバブエがこれほどまでに腐敗してしまったのはなぜだろうかと疑問に思っている。フリーダム・ハウスの2007年版の指標によると、南アフリカは政治の自由と市民の自由の両方で2という評価である。これに対しジンバブエはそれぞれが7と6という世界でも最悪の部類に入る評価である。アパルトヘイト後の両国がここまで違ってしまったのはどういうことだろうか?ブラウン首相が国連とアメリカに訴えかけたことは、ロバート・ムガベ氏を政権の座から引きずり降ろしてジンバブエを民主化するために重要な一歩となろう。

17日にブラウン首相はジョージ・W・ブッシュ大統領との会談に臨み、次期大統領候補となる共和党のジョン・マケイン上院議員、民主党のバラク・オバマ上院議員、ヒラリー・ロッダム・クリントン上院議員の全員と会見した。現時点で、ゴードン・ブラウン首相は次期大統領候補の全員と会見した唯一の外国首脳となる。すなわち、イギリスは他のどの国よりもブッシュ政権後のアメリカに対する準備が整ったことになる。

ブッシュ大統領とブラウン首相は二国間関係、イラク、イラン、食料と経済、開発と疫病、そしてダルフールとジンバブエについて協議した。ブラウン首相がイラクでのテロリスト打倒のために対米協力を続けると約束したのに対し、ブッシュ大統領もジンバブエの民主化でイギリスを後押しすると宣言した。(ホワイトハウスでの共同記者会見の全文とビデオはこちら。)食料価格の高騰は7月の洞爺湖サミットで死活的な議題となる。ブッシュ大統領とブラウン首相はアフリカでの世界食糧計画の活動を支援することで合意した。

18日にブラウン首相はボストンのジョン・F・ケネディ記念図書館でイギリス外交の基本姿勢について演説を行なった。この行事を主催したのはエドワード・ケネディ上院議員である。新戦略のレポートで述べているように、ブラウン首相はアメリカとヨーロッパという「最も偉大な両大陸」による政策協調の強化によって冷戦後の安全保障の課題に対処すべきだと強調した。また中国とインドのような新興経済諸国がG8など国際的な政策形成の場で役割を拡大すべきだとも訴えた。さらにブラウン首相は「改革され刷新された」国連が世界の政策形成で重要な役割を果たすべきだとも述べた。最も重要なことに、ゴードン・ブラウン首相は相互依存を深めてゆく世界でアメリカのリーダーシップが不可欠だと断言した。

首相は翌日にロンドンへ戻った。イラクとジンバブエだけがこの首脳会談の議題ではなかった。今回の会談は洞爺湖サミットへの準備とも言える。食料、疫病、アフリカといった課題は主要先進民主主義国の会議で重要なものとなる。イギリスはこうした問題にアメリカの注意を向けさせるうえで重要な役割を果たしている。アメリカとの同盟関係をより良くしてゆくために学ぶべきことは多い。

米英首脳会談の写真はこちら。

|

« ようこそ日本へ!イ・ミョンバク韓国大統領 | トップページ | レッド・チャイナか、マッド・チャイナか?:チベットと五輪と圧政国家 »

英米特別関係&大西洋同盟」カテゴリの記事

コメント

英国にとってジンバブエの民主化は重要な課題であると思います。
ここも中国が後押ししてるのでしょう。


チベット問題については英米首脳はどの程度話し合われたのでしょう?

投稿: アラメイン伯 | 2008年4月30日 22:23

共同記者会見では触れられてはいないようですが、会談中では話題に上ったのではないでしょうか?ただ、ニューヨーク国連、ボストンなどでの日程もあったのでチベットについてブッシュ大統領と話す余裕もなかったのでは?

投稿: Shah亜歴 | 2008年5月 1日 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/41024848

この記事へのトラックバック一覧です: ブラウン首相の米英首脳会談を振り返る:

« ようこそ日本へ!イ・ミョンバク韓国大統領 | トップページ | レッド・チャイナか、マッド・チャイナか?:チベットと五輪と圧政国家 »