« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日

イラク戦士がオバマ氏に反旗

前回の記事で述べたように、イラク戦争に従事した退役軍人達はバラク・オバマ上院議員が中東に関して敗北主義の政策を掲げていることに懸念を抱いている。イラクとアフガニスタンでのアメリカの勝利を目指して、第101空挺部隊に所属したピート・ヘグセス退役陸軍大尉によって「自由のための退役軍人の会」(VFF:Vets for Freedomという団体が設立された。 

ヘグセス大尉はプリンストン大学を卒業すると間もなくアメリカ陸軍に入隊した。イラクでの任務に従事した大尉は戦闘歩兵勲章と銅メダルを授与された。大尉は今年の秋からプリンストン大学ウッドロー・ウィルソン行政国際関係大学院の修士課程に入学することになっている。

ヘグセス氏は2007年11月11日の復員兵士の日にイラクとアフガニスタンで従軍した退役軍人の協力を得て、イラクでのアメリカの戦略を説明してゆくためにVFFを設立した。VFFの設立趣旨では以下のように述べている。

我々の目的はイラクの戦場で経験したアメリカの戦略と戦術の知識を活用してテロとの戦いに勝つことの重要性を訴えるためにアメリカ国民を啓発してゆくことである。

さらに重要なことに、VFFは両党を超えた性格を強調している。

我々は祖国のために戦場に赴いた戦士を支持し、目先の政治的利益よりも安全保障の大計を重視する政策形成者であれば党派を問わずに支援する

この部分はグローバル・アメリカン政論が追求する政策課題と一致する。元来、当ブログは超党派である。私がバラク・オバマ上院議員を批判し続けているのは、アメリカの帝国主義的使命を軽視しているからである。また、オバマ氏は最先端の先進民主主義諸国が主導する世界秩序を信じていないからである。

ところでヘグセス大尉はどうしてバラク・オバマ氏に批判的なのだろうか?前回の記事で、私はナショナル・レビュー・オンラインに寄稿された大尉の論文(“Right You Are, Joe: America's enemies will see Obama as weak.”; October 21)が、オバマ氏の外交政策がアメリカの敵に対してナイーブ過ぎると述べていることに言及した。

別の投稿ではイラン出身のネオコンのジャーナリストであるアミール・タヘリ氏に言及し(“Obama Tried to Stall GIs' Iraq Withdrawal”; New York Post; September 15, 2008)、ピート・ヘグセス氏はオバマ上院議員が米・イラク安全保障条約の交渉を妨害していると批判している(“Barack, Revealed”; Troop Blog; September 16, 2008)。オバマ氏はイラクの治安改善を認めながらも、なおもイラク戦争は泥沼で増派が充分な成果を挙げていないと主張する。ヘグセス氏はオバマ氏を以下のように批判している。

オバマ氏の世界観では外交政策とは内政に捻じ曲げられるもので、前線の司令官は政治的な都合で決められた日程を受け入れるのが当然のようだ。オバマ氏の視点では自らの判断に適合するかどうかで海外の戦場での現実が決まり、戦場の現実がオバマ氏の判断に影響を与えることはないようだ。

オバマ氏が最高司令官として信頼性を損なっているのは、イラクの戦略的価値を理解していないからだけではない。FOXニュースによると、ロサンゼルス・タイムズはバラク・オバマ氏が親パレスチナの活動家ラシード・カリディ氏と危険な関係にあるというビデオの公表を拒否しているとのことである(“LA Times Refuses to Release Tape of Obama Praising Controversial Activist”; Fox News; October 28, 2008)。

イランからアメリカに帰化した民主化活動家のアミル・イマニ氏は現在のオバマ・ブームをウォーターゲート事件後のカーター・バブルになぞらえている(“Can America Afford Another Jimmy Carter?”; New Media Journal; October 10, 2008)。アメリカが同じ過ちを繰り返そうとしている時、左傾化した国際世論は最高司令官としての資質を完全に欠く人物を称賛しているのである。

このような境遇の中、勇敢な退役軍人達が立ち上がったことは注目に値する。次期大統領がジョン・マケイン氏であろうとバラク・オバマ氏であろうと、国民を良き方向に導くのは有志の民間市民である。世界は最高水準の頭脳と社会を持つアメリカ、ヨーロッパ、日本が献身的に関与することを求めている。だからこそ、私はVFFへの注目を呼びかけているのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月24日

もっと外交政策の議論を:オバマ氏ではアメリカの敵になめられる!

大統領選挙の討論で経済ばかりが議論されたことは残念であり、この重大な転機にありながら両候補とも外交と安全保障については議論する余裕がなかった。現在、アメリカとイラクは二国間の安全保障条約について交渉中である。またイラクとアフガニスタンの戦争ばかりかイランと北朝鮮の核の脅威も消し去られてはいない。ロシアと中国はアメリカ、ヨーロッパ、日本が守り抜こうとする自由主義世界秩序に挑戦を突きつけている。

イラクで作戦任務に従事したある戦士は、バラク・オバマ上院議員の敗北主義外交に対して副大統領候補のジョセフ・バイデン上院議員の発言を引用しながら懸念を述べている。勇気ある戦士の寄稿によって国民は重大な事実を痛感するようになるだろう。それは選挙に関する現在の議論や評論は大統領候補の質を見極めるには的外れだということである。

まず何よりもバラク・オバマ氏がブッシュ政権をただ批判するだけの有様ではテレビ討論で取り上げられた経済の議論など有権者には何の役にも立たない。最後のテレビ討論の直後に民主党選挙コンサルタントのクリス・レヘイン氏は「討論はロールシャッハ・テストのようなものだ。マケイン氏の支持者はマケイン氏の勝利と思うだろう。オバマ氏の支持者ならオバマ氏の勝利にしてしまう。討論の夜はオバマ氏の支持者の方がマケイン氏の支持者より多かったのでオバマ氏の勝利と見た人の方が多かった」と述べている(“McCain deals no lethal blows in final debate with Obama”; Los Angels Times; October 16, 2008)。 このことは、オバマ上院議員がマケイン上院議員に対して「勝利」を収めたという世論調査の結果が歪んだものだということを示している。考えてもみて欲しい。バラク・オバマ氏の経済政策案がそれほど素晴らしかったなら。どうして「配管工のジョー」ことサムエル・ジョセフ・ワーゼルバッカー氏との論戦に敗れるのだろうか?

三度にわたる経済問題の討論は意味がない。より重要なことには、世界の中でのアメリカのリーダーシップが岐路に立つ情勢で外交と安全保障の課題が脇に追いやられていることである。

BBCの報道ではイラクの増派が成功したことで外交と安全保障の重要性が下がったという(“US campaign bypasses foreign policy”; BBC News; 17 October, 2008)。キリスト教福音主義団体が発行するSojournerというジャーナルは、多国籍軍がイラクの反乱分子を完全に制圧したわけではないので今後も注意深く事態を見守る必要があると述べている(“The Sad Truth about the Surge”; God’s Politics; October 17, 2008)。

しかし民主党副大統領候補のジョセフ・バイデン上院議員が以下の発言に刺激されて外交政策が議論されるようになった。

これから言うことに注意して欲しい。バラク・オバマ氏が大統領に就任すればジョン・ケネディ大統領と同様に6ヶ月以内に世界から試されるだろう。世界は見ている。我々は47歳の素晴らしい上院議員を合衆国の大統領に選び出そうとしている。しっかり見て欲しい。この大統領を試そうと国際的な危機が作り出されるだろう。我々はそれに直面する。オバマ新大統領は難しい決断を迫られるが、どんな決断を下すかはわからない。ともかく危機が起こることは間違いない。歴史学者として、また7人の大統領の下で政治に関わった者として、危機が起こることは間違いないと断言する“Biden predicts international crisis if elected - McCain reacts”; The Vote Blog, Christian Science Monitor; October 21, 2008)。

ジョン・マケイン上院議員はこの一言に飛びついた(“The Trail: A RETORT TO BIDEN McCain Jumps on Talk of Early Test for Obama”; Washington Post; October 21, 2008)。 サラ・ペイリン知事もマケイン氏に続いた(Palin agrees with Biden that Obama presidency will create crisis”; The Vote Blog, Christian Science Monitor; October 21, 2008)。

オバマ上院議員の資質に疑問が呈されるに及んで、「自由のための退役軍人の会」の会長を務めるピート・ヘグセス陸軍大尉はオバマ氏の外交政策を批判する投稿を行なっている(“Right You Are, Joe: America's enemies will see Obama as weak”; National Review Online; October 21, 2008)。ヘグセス大尉はジョセフ・バイデン氏が最高司令官の職務をこなすにはオバマ氏に致命的な欠陥があることを理解していると述べている。この大統領候補は「対話を通じた平和(peace through engagement)」をあまりに無邪気に信じ込んでいるので、それが戦争抑止につながるどころか自由世界が攻撃にさらされるだろうことはバイデン氏にもわかると大尉は言う。また、ヘグセス氏はジョン・マケイン氏が大統領に選出された場合にアメリカの敵に試される危険性についてバイデン氏が全く憂慮していないことにも言及している。

ヘグセス氏は明快で力強い議論を展開している。私は彼に同意する。オバマ氏はマフムード・アハマディネジャド、ウーゴ・チャベス、フィデル・カストロ、キム・ジョンイルといった独裁者が自由世界の友人になれると信じるほど無邪気である。またオバマ氏はアメリカが過激派や敵の言い分に耳を傾けて、こうした勢力との関係を改善すべきだと信じるほど無邪気である。

バイデン上院議員は大統領の座を引き継ごうとしているのかと勘ぐってしまう。バイデン氏の発言からすると、心底では大統領としての経験も資質も乏しいオバマ氏を見下していると思われる。しかしバイデン氏にとってそんなことは些細なことである。バラク・オバマ氏が大統領に選出されれば、どの大統領より暗殺される可能性が高い。そうなると「6期上院議員のジョー」は合衆国大統領に就任するという素晴らしいチャンスに恵まれるのである。何という深謀遠慮だろうか!

その他の参照リンク:

“After Debate, Glare Of Media Hits Joe: Plumbers Union, Tax Collectors Notice”; Washington Post: October 17, 2008

“Where McCain, Obama stand on the issues”; International Herald Tribune; October 20, 2008

“About Joe the Plumber, ‘average’ guy”; Patchwork Nation Blog, Christian Science Monitor; October 22, 2008

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月13日

テロリスト大統領、バラク・オバマ誕生の恐怖

Obamawhitehouse_2来るアメリカ大統領選挙で最も懸念すべきことは、有権者が最近の経済危機に慌てふためいていることである。冷静になれば、オバマ氏が大統領としての適性も能力も備えていないことは明らかである。オバマ上院議員はブッシュ政権の経済政策を批判しているが、彼が別に経済に強いわけでもない。ウィリアム・エアーズ氏とジェレミア・ライト師との人間関係からして最高司令官としての資質が決定的に欠落している。これは道徳上の問題にとどまらない。アメリカはテロと戦争の最中にある。

同盟国はオバマ氏が大統領となることに懸念を抱いている。このブログで指摘するのは三度目になるが、イラクのホシュヤール・ゼバリ外相は選挙前にアメリカとの二国間安全保障協定の締結を望んでいる。ゼバリ外相がバラク・オバマ氏を信用していないのは明らかである。

バラク・オバマという人物に深刻な懸念を抱く同盟国はイラクだけではない。日本の政策形成者と論客達はオバマ氏の台頭を快く思っていない。平和憲法と孤立主義の世論という障害を乗り越えて、日本はイラクとアフガニスタンでのアメリカの戦争に従来にはないほどの貢献を行なった。しかし日本の指導者達は民主党が日本より中国を重視するのではないかと懸念している。

佐々淳行元内閣安全保障室長は、北朝鮮と中国の脅威からマケイン上院議員の方が日本にとって好ましいと述べている(「正論:マケイン候補の勝利を願う」;産経新聞2008328)。日本を代表する親米保守の論客の古森義久氏もジョン・マケイン氏が日本に対してアメリカの主要同盟国として真摯な期待を寄せていることに感銘を受けている。マケイン氏は日本が世界の安全保障に積極関与するように要求する一方で、貿易と経済の交渉では日本を弁護している。古森氏はマケイン氏こそ日本が信頼するに足る人物だと述べている(「共和党マケイン氏の“真剣な”日本観」;日経ビジネス2008年2月12)。 

実際に、北朝鮮問題で日本の立場を弁護しているのはジョン・マケイン氏である。ブッシュ政権はこのならず者国家のテロ支援国家指定を解除した。バラク・オバマ上院議員はこの取り決めを認めたが、ジョン・マケイン上院議員は日本の拉致被害者に対する配慮が足りないと批判した。マケイン氏は北朝鮮との今回の取り決めによってアジア太平洋地域の安全保障で最も重要な日米同盟に悪影響を及ぼすと警告している。

オバマ氏の弱点は外交政策だけではない。経済に関しては村上雅志氏と大沢玲子氏がオバマ氏ならドルの切り下げを何のためらいもなく行なうので、日本とアジア諸国からのアメリカ市場への輸出が激減すると主張する(”We can changeでどう変わる? オバマ・リスクを見通す」;日経ビジネス2008年8月18)。この記事から、バラク・オバマ氏は国際的な政策協調によって経済危機を克服するには相応しくない指導者であることがわかる。

バラク・オバマ氏はデービッド・ペトレイアス大将との会談で外交と安全保障では落第点を得た。経済にも強くない。OJTによってオバマ氏が優れた大統領になると言う者もいる。少なくとも、オバマ氏のコミュニケーション能力は立派である。当ブログの英語版とリンクしているAlways on Watch というブログはコメディアンのジャッキー・マンソンの言葉を引用している。

バラク・オバマの人気は見せかけ、話し方、プレゼンテーションの巧さによるものだが、オバマの専門分野はこんなものだということを忘れてはならない。オバマの実績なんて見栄えをよくすること、真剣な顔で嘘をつくこと、強力な過激派活動家との人間関係を築いたことくらいである。考えてみれば、オバマはまさにホワイトハウスに入ることが目的の非アメリカ的なリベラルである。

まさにその通りで、過激派活動家との関係からオバマ氏の基本的な信条が大統領職に適切か問い直すべきである。ニューヨークタイムズのネオコンのコラムニストであるウィリアム・クリストル氏は、オバマ氏がウィリアム・エアーズ氏とジレミア・ライト師とどのような関係にあったか真剣に追求すべきだと述べている(“The Wright Stuff”; New York Times; October 5, 2008)。ジョン・マケイン氏はオバマ氏が国内テロリストとどのような関係にあったか正直に答えていないと批判している(“McCain: Ayers ‘Still Wants to Destroy America’”; Weekly Standard Blog; October 13, 2008)。オバマ氏がアメリカを破壊して自由主義世界秩序を粉砕しようと望んでいるなら、どのようなOJTも無意味である。

さらに深刻なことに、アメリカ国内であれ海外であれバラク・オバマ氏の支持者はカルト的である。現在、私は「世論調査ネット」でいくつかの世論調査を行なっている。私がオバマ氏を風刺することを言えば、日本のオバマ・マニアは私を人種差別主義者だと罵る。もはやオーウェルの世界である。オバマ氏を批判すれば、彼の支持者から人種差別主義者のレッテルを貼られるのである。アメリカと世界の市民はテロリストの友人であるバラク・フセイン・オバマという人物のカルト催眠術から目覚めることができるのだろうか? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日

マケイン候補の勝利のためにクリストル氏が助言

オバマ・バブルが続いている中で、ウィークリー・スタンダード誌の創刊者で編集者のウィリアム・クリストル氏がジョン・マケイン上院議員の勝利のために注目すべき投稿をしている(“How McCain Wins”; International Herald Tribune; September 29, 2008)。予想外のことだが、グローバル・アメリカン政論でクリストル氏の投稿を取り上げるのは初めてである。よく知られているように、クリストル氏はロバート・ケーガン氏と共に「新世紀アメリカのプロジェクト」を設立し、また両氏とも2000年の大統領選挙からジョン・マケイン氏を支持し続けている。

バラク・オバマ氏がマケイン氏に対して優位に立てているのは最近の金融危機のお陰である。こうした現状からクリストル氏はマケイン氏に慣例を破って対処するように提言している。与党の候補は現在の問題をできるだけ大きくしないようにするものだが、今回の金融危機は大変深刻なので一つの法案では解決できないとクリストル氏は言う。よってマケイン氏はアメリカにはこの緊急事態に困難な決断を下せる強い指導者が必要だと強調すべきだと主張している。またウィリアム・クリストル氏はマケイン氏がペイリン氏をブッシュ政権の影響から解放すべきだと主張する。

英国エコノミスト誌は8月末に同様に述べている。「共和党の大統領候補は熾烈な戦いを繰り広げているが、選挙に勝つためにはジョージ・ブッシュ氏との違いをもっと鮮明にする必要がある」と述べている(“Bring back the real McCain”; Economist; August 28, 2008)。

直前の記事で述べたように、世論調査の印象とは異なり個別の問題で勝利を収めたのはジョン・マケイン氏のほうである。そのことを指摘したのが左派色のあるBBCだということを忘れてはならない!バラク・オバマ氏には説得力のある代替案などはなく、ただ経済危機を非難して反ブッシュ感情を煽り立てるだけである。これは少しも不思議ではない。日本の元ジャーナリストである日高義樹氏は著書の「アメリカ狂乱」で民主党には国政を指導する準備などできていないと指摘する。

10月2日木曜日に行なわれたジョセフ・バイデン上院議員とのテレビ討論で、ペイリン知事は無事に務めを果たした。ワシントン・ポストはペイリン氏が討論会をこなしたのでマケイン氏が今後はオバマ氏との討論に集中できると述べている。もはや共和党副大統領候補の能力に対する疑問に気を取られる必要がないからである(“Attention -- and Scrutiny -- Shifts Back to McCain”; The Trail; October 3, 2008)。ニューヨーク・タイムズのコラムニストのデービッド・ブルックス氏「緊張した時のペイリン氏はジョージ・W・ブッシュ演説学校の卒業生のように機械的な棒読みをしてしまうが、木曜日のペイリン氏は普通の人として話した。わずか15秒でペイリン氏は率直に語る普通のアメリカ人というキャラクターに徹し、子供のサッカーやホッケーを見守る母親、平凡な労働者、街の人々といった事柄に言及したばかりか、betchabet you=きっと)、darn right(~に違いない)という俗語まで駆使した。」と述べている(“The Palin rebound”; International Herald Tribune; October 3, 2008)。

バラク・オバマ氏は経済危機を絶好の機会にしようとするかも知れないが、本当にアメリカを指導できるのだろうか?オバマ氏が本当に世界を指導できるのだろうか?そうであれば、イラクのホシュヤール・ゼバリ外相が大統領選挙より前にアメリカと二国間の安全保障協定に調印したいとは言わないであろう。

サラ・ペイリン氏は役目を果たした!今度はマケイン氏の番である。今後の討論会と選挙運動でクリストル氏の助言がどれほど効いてくるか、事態を見守りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »