« ブッシュ大統領、ご苦労様:本物のアクション・ヒーロー達と共に | トップページ | オバマ大統領の就任第一週:迅速と愚鈍と権威主義 »

2009年1月20日

ウクライナのガス供給危機の背後にある真の問題

元旦にロシアがウクライナへのガス供給を一方的に停止したことはヨーロッパの東、中央から西に至るまでの人々の生活を脅かした。以下の地図はヨーロッパ諸国がロシアの天然ガスに大きく依存していることを示している。

Gas_pipelines_map466_all

出典:BBC

EUは天然ガス供給の1/4をロシアから輸入しており、その80%はウクライナを経由してくる。ロシアの供給停止措置によって中央ヨーロッパの15ヶ国が影響を受けている“Russian gas flow disappoints EU”; BBC News; 13 January, 2009)。

冬の寒い天候でガス供給の削減が続けば多数の凍死者が出るであろう。この危機は現在のガザ紛争よりも危険である。さらに言えばイスラエルはハマスに対して当然の報復を行なっているのだが、このガス紛争をめぐってウクライナ人や東ヨーロッパ諸国民に殺されたロシア人など皆無である。メディアがイスラエルを非難しながらロシアには甘いのは不公平である。

ヨーロッパ友好国の支援を得たウクライナのユリア・ティモシェンコ首相は1月18日にガス供給の再開に向けてロシアのウラジーミル・プーチン首相と何とか合意に至った。クリスチャン・サイエンス・モニターはロシアのモスコブスキー・コモソモレツ紙を引用し自紙のブログで以下のような結論を述べている。

ロシアとウクライナのガス紛争がどのように展開しようとも欧米は常に敵と味方を峻別し、ロシアは常に敵となってしまう。欧米にとってウクライナは「オレンジ革命の勝利」の国だが、ロシアは「プーチン氏の権威主義体制の揺りかご」である。EU諸国の大半と同様にウクライナもエネルギー消費国であるが、ロシアは利害が対立する「供給国クラブ」の一員である"Russian gas post-mortem: Was it Princess Leia vs. Darth Vader?”; Global News Blog; January 19, 2009")

Princess_vs_vader

柔道五段の猛者がウクライナのプリンセスを恫喝しているのだろうか?:1月19日にモスクワでガス供給の10年協定に署名するティモシェンコ首相とプーチン首相(Christian Science Monitor)

事態はそのように単純ではない。ヨーロッパはロシアの強引な外交にもウクライナの統治能力の低さにも嫌悪感を抱いている("Ukraine's pro-Western progress set back in gas crisis: analysts”; EU Business; 15 January 2009)。2004年のオレンジ革命から、ウクライナは旧ソ連諸国に対する西欧型民主主義のショー・ウィンドーであった。ウクライナをNATOとEUに取り込むことは欧米にとって重要な政策課題である。

しかし、ウクライナの政治はビクトル・ユシュチェンコ大統領とユリア・ティモシェンコ首相の間の絶え間ない抗争で麻痺状態にある。また、腐敗も深刻である。

ヨーロッパ改革センターのカティンカ・バリシュ副所長は「オレンジ革命によって直ちに民主主義と自由市場が発展するという考え方は崩れた」と述べ、「ウクライナの政治は信用できないという印象が定着している現状は、EUとNATOの加盟に好ましいことではない」とも語っている。

ウクライナ国民は、ロシアがガス危機による不都合な事態を利用してヨーロッパとウクライナを引き裂こうとしているという疑念を抱いている。

ジョージ・W・ブッシュ大統領もバラク・オバマ次期大統領もプーチン氏の危険な野心に歯止めをかける行動をとろうとしないのは残念である。特にオバマ氏がこのような時期にショー・ビジネスのスター達とドンチャン騒ぎをしたことは驚きを禁じえない。

ウクライナ問題はガスとエネルギーにとどまらない。それは民主化の促進によって安全で文明化した世界を作るという我々の重要政策課題なのである。

|

« ブッシュ大統領、ご苦労様:本物のアクション・ヒーロー達と共に | トップページ | オバマ大統領の就任第一週:迅速と愚鈍と権威主義 »

ロシア&ユーラシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/43801540

この記事へのトラックバック一覧です: ウクライナのガス供給危機の背後にある真の問題:

» 「超兵器」白リン弾のデマについて貼っておきます。 [帝國ブログ]
ガザ地区の紛争については自分なりに考えをまとめて触れなくばなるまい と思っておりましたし、それなりに文章打ち始めておりましたがこの問題を巡り ネット上とは言え意外な展開を見せ始めておりましたので様子見しておりました。 というのも以下のような流れがあったからでして少し自分なりにまた考えるべきことが増え 始めていたからでした。まあネット外が忙しかったり他にも取り上げたいことがあったり、 体調崩して寝込んだりもあったからというのもある訳ですが。 まずは白リン弾の動画をどうぞ。 イスラエル... [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 03:17

« ブッシュ大統領、ご苦労様:本物のアクション・ヒーロー達と共に | トップページ | オバマ大統領の就任第一週:迅速と愚鈍と権威主義 »