« バイ・アメリカン条項:オバマ大統領の一国中心社会主義による米欧関係の悪化 | トップページ | クリントン国務長官の「カミング・トゥ・アジア」 »

2009年2月11日

日米商工会議所に会員登録

以前の記事で述べたように、私はACCJ(American Chambers of Commerce in Japan)のCSR担当者と会いました。私は資金基盤の充実と人的関係の拡大のためにもスポンサーを必要としています。

私が1月6日に会ったパトリシア・ベイダージョンストン氏はACCJの会員になればパネル・ディスカッションやフォーラムを開催できると助言してくれました。ベイダージョンストン氏によると、そうしたイベントを通じて人のつながりを広め、スポンサーになり得る相手を見つけられるということです。これは喜ばしいお話しです。しかし、問題は会費です。

現在、私の懐具合はよろしくありません。最近は海外にも出ていません。日本を出て精神的リフレッシュをしたいのですが、先のカーネギーおよびウッドロー・ウィルソン会議よりこれほどまでの長い間に国内に留まっています。これは航空旅費と現地滞在費を捻出する余裕がないために他なりません。

最終的に会員登録の申し込み決断し、それは了承されました。素晴らしい機会を得られることは喜ばしく思います。このチャンスを発展させられるよう望んでいます。

詳細はこちらのリンクを参照して下さい。公益活動に本気で取り組みたい人達には有意義です。

|

« バイ・アメリカン条項:オバマ大統領の一国中心社会主義による米欧関係の悪化 | トップページ | クリントン国務長官の「カミング・トゥ・アジア」 »

お知らせ&報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/44027492

この記事へのトラックバック一覧です: 日米商工会議所に会員登録:

» 【グルジャ事件追悼 東トルキスタン支援デモ】 [帝國ブログ]
<以下、「賭人の独り言」さんより転載> 昨年は北京オリンピックの開催年であり、チベットでは騒乱があったこと をご存知の方もいると思います。 チベットの騒乱は1959年3月10日のチベット蜂起記念日に起きたものですが、 このチベットにとっての3月10日と同様、ウイグル人にとって忘れられない日があります。 1997年2月5日に東トルキスタンのグルジャ市において不当逮捕に抗議するデモ がありました。無実の罪で逮捕されたウイグル青年の釈放を要求し2月5日から1000人 ほどの民衆が参加... [続きを読む]

受信: 2009年2月13日 01:58

« バイ・アメリカン条項:オバマ大統領の一国中心社会主義による米欧関係の悪化 | トップページ | クリントン国務長官の「カミング・トゥ・アジア」 »