« 英米特別関係もまたチェンジか? | トップページ | ナーシかナチか?:若く危険なプーチン氏の親衛隊 »

2009年3月15日

ACCJのCSR委員会へ初の出席

去る3月13日にACCJの企業社会責任委員会の会議に出席しました。会議は軽い朝食をはさんで早朝に行なわれました。委員会のメンバーと顔を合わせるのは初めてでした。

出席者はくつろいだ雰囲気の中で会議の開始を前に食べ物と飲み物を取りました。出席者の多くは自営の専門職で、他には大学職員や市民社会関係者などもいました。

2月17日の新規会員オリエンテーションでACCJが関わる活動は参加志向であると聞かされました。つまり、自分の課題で主導権を持つのは会員であるということです。同時に、何かを提案する際には発言に責任を負わねばならないので注意せねばなりません。基本的な考え方としては、素晴らしく空想的な提案をするよりも参加と貢献をすべきだということです。

これはかなり厳しいようにも感じます。しかし何かの貢献をすれば得るものもあるということでもあります。よって委員会や小グループに対して何ができるかを模索する価値はあります。

さらに、私にとって公益活動のための組織的な支援をどのように模索するかという討論を見られたことは良い機会でした。例を挙げれば、地震災害にあった中国の四川省の子供達への人道支援を行なう「専門職による児童支援」という団体は資金以外の支援を引きつける方法についてプレゼンテーションを行ないました。そうした支援には法務、会計、テクノロジーといったものがあります。

他にも雇用の多様性と環境に優しい市場経済も取り上げられました。

CSR委員会は様々な課題に関わっています。近年の一連の経済危機から、企業ガバナンスのフォーラムを開催し、アングロ・サクソンと日本の資本主義を融合した新しい資本主義を模索しようともしています。

他にも多くの課題が年内に議論されます。そうした課題を当ブログで取り上げたいと思っています。

|

« 英米特別関係もまたチェンジか? | トップページ | ナーシかナチか?:若く危険なプーチン氏の親衛隊 »

お知らせ&報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/44357766

この記事へのトラックバック一覧です: ACCJのCSR委員会へ初の出席:

» いちご☆ブログ [いちご☆ブログ]
いちご☆ブログ [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 22:36

» ハイブリットカー [ハイブリットカー]
ハイブリットカーについていろいろと紹介。 [続きを読む]

受信: 2009年4月10日 10:19

« 英米特別関係もまたチェンジか? | トップページ | ナーシかナチか?:若く危険なプーチン氏の親衛隊 »