« キーパーソン:NATOにかつてない活動性をもたらした英国歴史学者による60周年講義 | トップページ | オバマ政権100日を語るブログ »

2009年4月30日

ペトレイアス大将、印パ関係不安定化が与えるアフガン戦争への悪影響を懸念

デービッド・ペトレイアス陸軍大将は、4月24日に開かれた下院での公聴会でパキスタン政府が国防での優先課題をアフガニスタンの反乱分子でなくインドとの戦略的な競合関係としていることに懸念を表明した(“Petraeus: Taliban, not India, top Pakistan issue”; AP; April 25, 2009)。ペトレイアス氏はパキスタン国内のアル・カイダとタリバンが「パキスタンの国家としての生存にかつてない深刻な脅威を与えている」と警告する。ペトレイアス氏はパキスタンの軍と情報機関には反乱分子対策に充分な訓練が必要だと強調し、アメリカ議会にはパキスタンでの対テロ対策への資金援助を要請した(“Petraeus Calls on Pakistan to Redirect Military Focus”; Washington Post; April 25, 2009)。

大英帝国からの独立以来、パキスタンとインドの関係は緊張し続けた。両国が核実験を行なった1990年代末にはインド亜大陸の緊張は劇的に強まった。クリントン政権は両国の緊張緩和に努めたが、インドとパキスタンの信頼を醸成することはできなかった。

ブッシュ政権はアメリカが世界的なテロとの戦いとアフガニスタンでのイスラム過激派討伐の多国籍軍を主導するに当たって、インドとパキスタンの関係の大幅な改善に貢献したように見える。しかしインド・パキスタン関係は昨年11月26日のムンバイ・テロ攻撃によって冷却化した。インドは事件に関わったテロリストとパキスタン政府の関係に疑念を抱き、それを批判している。

パキスタンとインドの関係の不安定化を象徴するかのように、インドとパキスタン両国の新聞ではペトレイアス大将がオバマ政権のパキスタン及びアフガニスタン問題特命大使を務めるリチャード・ホルブルック氏の肩書きにインドも加えるように言ったと報じている(“Holbrooke’s Af-Pak portfolio includes India: Gen Petraeus”; Indian Express; April 26, 2009 及び“Is India a concern for US Af-Pak envoy?”; Daily Times; April 27, 2009)。

アメリカン・エンタープライズ研究所のアプールバ・シャー助手はインドが懸念しているのはパキスタンの不充分なテロ対策だけではないと主張する。ムンバイ・テロ攻撃によって多文化主義で民主的な国民国家というインドの基本方針に暗雲がかかった。インド政府は自国の統一と安定を揺るがしかねない国内の脅威に直面している(“The ‘Idea of India’ after Mumbai”; AEI Asian Outlook; May 2009)。インドがパキスタンに激しい反応を示した理由は理解できる。しかしインド亜大陸でのブッシュ政権の正の遺産は無駄にしてはならない。

アフガン戦争はオバマ政権にとって優先度の高い課題であり、南アジアの安全保障はかつてないほど重要になっている。印パ関係は今や目の離せない問題であり、リチャード・ホルブルック特命大使はアフガニスタンの平和と安定、対テロ戦争、域内での核不拡散といいた課題に取り組みながら、そのような死命を制する重要課題に直面しているのである。

|

« キーパーソン:NATOにかつてない活動性をもたらした英国歴史学者による60周年講義 | トップページ | オバマ政権100日を語るブログ »

中東&インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/44846197

この記事へのトラックバック一覧です: ペトレイアス大将、印パ関係不安定化が与えるアフガン戦争への悪影響を懸念:

« キーパーソン:NATOにかつてない活動性をもたらした英国歴史学者による60周年講義 | トップページ | オバマ政権100日を語るブログ »