« インド国民会議派の勝利と米英印メディアの論調 | トップページ | 北朝鮮核実験でオバマ大統領+日韓が試される »

2009年5月28日

ACCJ政府関係委員会へ初出席

去る5月26日火曜日に政府関係委員会に初めて出席しました。この委員会はアメリカ研究製薬工業協会のアイラ・ウルフ日本支部代表が会長を務めています。先のCSR委員会に関する記事で述べたように、軽い朝食をはさんで会合は行なわれました。

会合の重要議題の一つは議会ドアノックという日本の国会議員へのロビー活動でした。日米商工会議所は年次議会ドアノックを通じて影響力を及ぼし続けています。政府関係委員会は通常のドアノックばかりでなく、小規模でより頻繁な働きかけを日本の国会へ行なおうとしています。こうした働きかけはより特定の案件に絞ったものになる見込みです。

私は日本の国会では英語の話せるスタッフの人数がまだ充分ではなく、より頻繁で小規模な働きかけを行なうには言語の壁が立ちはだかっていると聞かされました。日本の国会議員達が未だに内向きでグローバル化に十分に対応できていないことは遺憾だと私は考えます。明治の近代化と同様に永田町(日本のキャピトル・ヒルあるいはウェストミンスター)が文明開化することを願ってやみません。

ドアノックで最も重要な点は、日米関係全般であれ特定の案件であれ、しかるべき議員を見つけ出すことです。 

私は政府関係委員会の活動をさらに理解する必要があり、そうして自らが政治に関わるようになれればと望んでいます。いずれにせよ、委員会について理解しなければなりません。初心者にとってこれが最も重要です。

|

« インド国民会議派の勝利と米英印メディアの論調 | トップページ | 北朝鮮核実験でオバマ大統領+日韓が試される »

お知らせ&報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/45159493

この記事へのトラックバック一覧です: ACCJ政府関係委員会へ初出席:

« インド国民会議派の勝利と米英印メディアの論調 | トップページ | 北朝鮮核実験でオバマ大統領+日韓が試される »