« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日

ACCJにて日本の総選挙に関する会合

麻生太郎首相が721日に議会を解散したのを受けて、在日アメリカ商工会議所の政府関係委員会では8月30日に行われる衆議院総選挙に関するフォーラムを開催した。その会合が開催されたのは7月22日で、選挙がロビー活動に及ぼす影響が議論された。

最も重要な論点は、長年の努力で築き上げたロビー活動の人脈をどのように維持してゆくかである。ACCJとアメリカ企業は日本の議会、官僚機構、財界を相手に政策形成ネットワークの拡大を模索し続けてきた。ロビー活動では政策課題によって適切な相手を見つけることが重要である。日本の指導者で適切な相手を見つけたアメリカのロビー団体は政策形成のための「教育」をおこなうことになる。

参加者の殆どは民主党の勝利によってこれまでのロビー人脈が崩壊し、アメリカ企業は適正な相手を見つけて「教育」をおこなうために膨大な時間を割かれるのではないかとの懸念を示した。参加者の一人が民主党は充分に現実主義で日米同盟を損なわないと主張したが、アメリカのロビイスト達はこの選挙で国政に進出する多くの新人達が重要な政策課題について充分な知識もないという事実に対処しなければならないと憂慮している。非常に興味深いことに参加者はカレル・バン・ウォルフレン氏のように日本のエスタブリッシュメントとシステムに対する強い反感にとらわれていなかった。ウォルフレン氏とは反対に、参加者達は日本の官僚を説明責任が不明確で傲慢なエリート至上主義者と見なすよりも信頼できるパートナーと見なしている。言わば、在京のロビイスト達は日本の既存の政治プロセスを利用するほど現実主義者なのである。東京にいるアメリカのロビイスト達は良い意味でも悪い意味でもワシントンで中には見かけるような理想主義者とは全く違うのである。

討論の最中に過去の似たような変化が私の頭をよぎった。1993年には細川護熙氏が首相に選出され、1955年以来続いた自民党単独支配に終止符を打った。私は日本政界と緊密な関係を持つある弁護士に、アメリカのロビイストは細川政権から何らかの教訓を学んだかどうかを尋ねた。そうすると、民主党が送り込む新参者達は無能なので、自民党の復権を待つだけだとの答えが返ってきた。

細川政権期にアメリカで大統領職にあったビル・クリントン氏とは違い、バラク・オバマ現大統領はアメリカの理想を日本の官僚に押し付けようとはしたがらない。オバマ氏はアメリカの敵との対話にさえ乗り気である。イラン、ホンジュラス、そしてロシアに対する態度からすれば、オバマ氏がクリントン氏のように「悪名高き」日本の官僚機構に一撃を見舞おうとして介入することはあり得ない。さらに、オバマ氏はアメリカあるいは欧米の理念を外交に反映させることを非常にためらっている。そのため、ワシントンの政策形成者も東京のロビイストも細川改革の教訓を得ているか否かにかかわらず、総選挙後の日本の政権に対してはクリントン政権期のものとは大きく違った対応をとるであろう。

政府関係委員会の会合は日米間の政治のやりとりを理解するうえで貴重な機会である。委員会のメンバーは自分達のビジネスのために日本の政治に直接関わっている。議論されるテーマによってはワシントンのシンクタンクで取り上げられるものよりもっと生々しいものもある。ワシントンの政策専門家達は日々の利潤を気にする必要がない。私はかつてカーネギー国際平和財団とウッドロー・ウィルソン・センターの会議に参加するという良い機会があった。非営利でアカデミックな目線とビジネス志向の目線を組み合わせれば、アメリカ外交と日米関係の理解に大いに役立つだろう。

謝辞:

ACCJ政府関係委員会

注)この記事の内容はACCJ政府関係委員会の見解を全面的に反映するものではなく、内容についての責任は全て投稿者に属する。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年7月23日

ACCJにて日本の安全保障に関する懇親会

在日アメリカ商工会議所の航空宇宙・防衛委員会の主催で6月24日に日本の防衛政策に関する懇親会が開催され、航空宇宙・防衛委員会と政府関係委員会のメンバーが招待されました。ゲスト・スピーカーは自民党の今津寛衆議院議員でした。今津議員は国会議員に初当選してから長年にわたって日本の防衛政策に関わってきました。自民党政務調査会調査役の田村重信氏が今津議員に随行していました。田村氏は日本語版ブログで私と友人である猫研究員こと高峰康修氏の恩師です。

ACCJは多くのイベントを主催して社会、経済、政治に関する意見交換を行なっています。しかし商工会議所はビジネスマンの組織なので、有名ホテルで開催されるイベントが多くなっています。幸運にも、今回のイベントは小規模でACCJの会議室で開催されたので参加費もそれほど高くはありませんでした。私の分野からしても、これは絶好の機会でした。

ACCJには様々な分野の委員会があり、私はCSR(企業社会責任)と政府関係の委員会に所属しています。委員会ごとに雰囲気は違ってきます。CSR委員会は比較的若く、国際親善と公益を追求する熱心な大学生のサークルのような雰囲気があります。他方で政府関係委員会と航空宇宙・防衛委員会は非常にプロフェッショナルです。メンバーの殆どは有名企業の経験の豊富な要職者です。

航空宇宙・防衛委員会は厳しい会員制限のあるクラブで、会議の発言内容は完全に秘密となっています。航空宇宙・防衛委員会のジャンピエール・ボーラット委員長によると、日本の指導者達との政策討論には相互の信頼関係が重要なのでこうした守秘義務があるとのことです。防衛政策や政界の内幕に関することには非常に敏感で外部に口外できない事柄が多いので、それは理解できることです。

今津議員の講演は日本の防衛政策形成の過程を理解するうえで非常に有益でした。一般に信じられていることとは裏腹に、自民党の政策チームの役割は最も優秀で頭脳明晰とされる官僚に引け劣らぬものです。

質疑応答での参加者の質問にも印象付けられました。日本語による質問の一言々々ら、質問者の方々が日本政界に関わってきた有様がよく表れていました。今津衆議院議員は私を含めた参加者からの質問に丁寧に応じました。この会合は素晴らしいもので、参加者とゲストの方々には今後も同席できる機会があればと願っています。

謝辞:

今津寛 衆議院議員

田村重信 自民党政務調査会調査役

ACCJ 航空宇宙・防衛委員会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日

「スターリン=プーチン」に熱狂するロシア国民

ロシアでナショナリズムが高まるにつれ、国民は強力な指導者を待望するようになっている。以下のビデオではアル・ジャジーラが2008年12月13日にロシアの歴史で最も偉大な人物の投票結果について報道している。その投票によると、1位は13世紀にノブゴロド大公とウラジーミル大公であったアレクサンドル・ネフスキーであった。ネフスキーはローマ・カトリックのスウェーデンとドイツ騎士団の侵入を撃退した功績でロシア正教の聖人に列せられている。第2位はピョートル大帝である。第3位は賛否両論を引き起こす指導者、ヨセフ・スターリンである。

何がスターリンの人気をこれほどまで高めているのか?モスクワの街頭でインタビューに応じた女性は、暴虐ではあったもののロシアがナチスを打倒して超大国にのし上がるためにはスターリンが必要だったと穏やかに微笑みながら述べた。しかしカーネギー財団モスクワ・センターが刊行するプロ・エ・コントラ誌のマーシャ・リップマン編集長は一般市民がスターリンが大量虐殺を行い数百万人が強制労働収容所に送られたことを見落としていると主張する。

スターリンへのそうした熱狂的支持は現在の強権指導者ウラジーミル・プーチン氏に対するものと表裏一体である。アル・ジャジーラが2007年11月30日に放送した以下のビデオでは、士官学校の生徒がプーチン氏を自分達の時代のスターリンだと称賛している。プーチン氏はボルゴグラードをスターリングラードという名に戻している。

イギリスのジャーニーマン・ピクチャーズというニュースとドキュメンタリー配給会社は、現在のロシア政治での文脈からスターリンをめぐる論争を取り上げている。ロシアの人権活動家グリゴリー・シュベードフ氏はプーチン氏とクレムリンの同志達はスターリンへの郷愁を利用して「ナロード」を統治していると指摘する。ジャーニーマン・ピクチャーズが2007年11月7日に放映したこちらのビデオを参照して欲しい。

マネーと資本主義が社会を支配するロシアに蔓延する政治的な無秩序の中で、高齢者層と若年層はますますヨセフ・スターリンの伝説にとり憑かれるようになっている。

非常に興味深いことに、スターリンがレーニン時代の社会主義インターナショナルに代わって新しいソ連国歌を採用し、その国歌はプーチン氏がボリス・エリツィン氏から大統領職を引き継いだ際に復活した。この歌は元来、大祖国戦争でナチス・ドイツと戦うソ連兵を勇気づけるために作曲された。インターナショナルと比べてみれば、この歌はあまりにロシア的で万国の労働者よ、団結せよといったコスモポリタンな労働組合の歌ではない。ロシアが社会主義国であれ資本主義国であれ、これほどまでに祖国、祖国、祖国と繰り返すナショナリズム丸出しの国歌は他にない。以前にロシア国歌についての記事を投稿したので、以下のインターナショナルのビデオを観て欲しい。両者を聴き比べてみれば、どれだけ違うかよくわかるだろう。

独裁者は以下のビデオに見られるようにして「ナロード」の気持ちをつかんでいる。スターリンとプーチン氏のビデオのどちらも赤軍が歌っているのはスターリン時代の歌詞である(よく知られているソ連国歌はブレジネフ時代の歌詞で、1977年から連邦崩壊まで歌われた)。"Stalin, a Great Leader"のビデオを観ていると、私はロシア正教会で聖ヨセフ・スターリンに祈りを捧げているような錯覚に陥る。以下のビデオが「プーチン=スターリン」の理解に多いに役立てばと願っている。

また、以下の画像も見て欲しい。ここで狂歌を一首。あ、プーチン。髪とヒゲありゃスターリン!

Put_sta

Putinstalinjd0812d

Stalin_putin_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月13日

ロシアとの関係リセットを急ぐべきか?

先のヨーロッパと中東への訪問とは異なり、獰猛なロシア熊はバラク・オバマ大統領の魅力的な笑顔と心地よいお言葉だけで馴らせるものではなかった。メディアは戦略兵器削減交渉に目を奪われているが、人権や民主化もこれに劣らず重要である。何と言っても直前の記事で述べたように、著名な外交政策の専門家達がオバマ大統領に公開書簡を送ったほどだからである。また、オバマ大統領とウラジーミル・スターリン・プーチン首相の会見も初めてであった。ロシアのメディアはオバマ氏の言うリセットに慎重な反応である (“Obama visit gets lukewarm welcome from Russian media”; Reuters; July 7, 2009)。

首脳会談前の論評をいくつか見てみたい。英国エコノミスト誌はオバマ氏にロシア市民の民主化運動の支援を強力に進めるべきだと主張する。ロシアのエリート達は自分達が欧米との緊密な関係を持ちながら、反米感情を煽っている。また、オバマ氏がグルジアとウクライナをロシアの拡張主義から守るべきだとも述べている。しかし米露両国は戦略景気の削減という共通の国益を有している(“Welcome to Moscow”; Economist; July 2, 2009)。 他方でタカ派はSTARTの更新によって自由の拡大とロシアの周辺諸国が犠牲にされてはならないと主張する(“Obama and Putin's Russia”; Wall Street Journal; July 6, 2009)。ミサイル防衛とNATOの拡大に関してマイケル・マクフォール大統領特別顧問は自国の国益を明確にするのがアメリカの立場で、何かの交渉成果を期待しているわけではないと述べた(“Russia Presents Test for Obama”; Washington Post; July 5, 2009)。

非情に興味深いことに、あるジャーナリストはクレムリンの反米感情について「過去8年間、自分達が嫌っているのはジョージ・W・ブッシュ氏であると自らに言い聞かせてきた。今、新しいアメリカ大統領は世界各地で人気が高いという事実に直面している。それがクレムリンの権力者達はそれに恐怖感を抱くものの、自分達はどうすべきかをはかりかねている」と述べている(“Obama seeks thaw in US-Russia ties”; BBC News; 4 July 2009)。ロシア・プロファイルのアンドレイ・ゾロトフ編集局長は、一次産品に依存するロシア経済がアメリカにとって魅力がないので米露の経済関係は発展していないと指摘する。よって米露関係は地政学や国家の威信が重要なってしまう。また、現在の米露関係の停滞はクリントン政権期の外交に根ざしているので、オバマ効果による両国関係の急激な改善はあまり期待できないとも言う(“Russian Expert: Pressing 'Reset' May Not Suffice” NPR; July 5, 2009)。

首脳会談で最も重要な課題は安全保障で、特に戦略兵器の削減である。STARTの更新の他にアフガニスタンでの戦争、イランと北朝鮮への核不拡散も議論された。ロシア・トゥデーが7月7日に放送した以下のビデオでは、政治アナリストのビクトル・リニック氏が今回の首脳会談の開催はタイミングが良いと述べている。

戦略兵器交渉ではリセットが始まったが、ミサイル防衛に関する立場の違いは埋まらぬままである。ロシア・トゥデーが放送した以下のビデオを参照して欲しい。

7月8日に放送されたロシア・トゥデーのスポットライトでは、コメンテーター達がアメリカのミサイル防衛システムが「存在しない」イランの核ミサイルに対してポーランドとチェコに配備されることに懸念を述べた。私の目には彼らの発言が公正とは思えないが、それは現時点では核爆弾の開発に至っていないとはいえイランのマフムード・アフマディネジャド大統領が核保有の野望を公言しているからである。他方でアメリカン大学モスクワ校のエドワード・ロザンスキー総長とロシア・プロファイルのアンドレイ・ゾロトフ編集局長は、オバマ大統領が新経済学院での演説でゼロサムの力の競合ではなく相互共存の繁栄を強調したことに強く印象づけられた。以下のビデオを参照して欲しい。

BBCもこの演説が米露関係のリセットにつながるささやかな希望をこめて報じている (“Obama urges shift in Russia ties”; BBC News; 7 July 2009)。

他方でフォーリン・ポリシーのインターネット版のジョシュア・キーティング編集員はアフガニスタンに関するロシアとの協力協定を批判し、アメリカはキルギスタンやウズベキスタンのような信頼できる国を選ぶこともできるとしている(“Did Obama accomplish anything in Moscow?”; FP Passport; July 7, 2009)。

オバマ大統領とプーチン首相の初会見は米露外交の一大行事である。 オバマ氏にとってロシアで最も影響力のある政治家との会談はやや儀礼的なもので、プーチン氏は米露の国益の衝突にもかかわらずジョージ・W・ブッシュ氏との良好な個人関係を語った(“Putin praises Bush hospitality during Obama visit”; Reuters; July 7, 2009)。

人権と民主主義は安全保障に劣らぬ重要な課題で、直前の記事で述べたように公開書簡が公表されたともあれば見過ごすことはできない。リベラル派は人権問題を強硬に押すと対テロ戦争でのアメリカとロシアの協調を台無しにしてしまうとして、こうした動きを批判している(“The Latest Neocon Attack on Obama”; Huffington Post; July 2, 2009)。 オバマ大統領はロシアへの直接批判を注意深く避けたが、それはアフガニスタンのテロリスト攻撃のためにアメリカ軍のロシア領内通過の了承を求めたからである(“Obama, in Russia, praises democracy, blasts graft”; Reuters; July 7, 2009)。控え目ではあったが、バラク・オバマ氏はノバヤ・ガゼタ紙や市民社会の代表といった政府に批判的なオピニオン・リーダー達を招いてアメリカの関与を謳い上げた(“President Obama Reaches Out to Russian Opposition”; VOA News; 8 July 2009)。オバマ氏との会見で親欧米の連帯党のボリス・ネストフ党首は「プーチン氏とメドベージェフ氏は政治を動かせるのは自分達だけだという認識を改めざるを得なくなるだろう。我が党は自由な政党政治を要求する」と言った。ロシアの市民社会では、民主主義及び人権発展センターのユーリー・ドジブラーゼ所長と新ユーラシア財団のアンドレイ・コルチュノフ代表がオバマ氏への高い期待を述べた(“Obama talks spur rights call by Russian activists”; Reuters; July 8, 2009)。

戦略兵器削減がメディアと世論の注目を集めたが、ロシアの民主化は安全保障と同様に重要な課題である。先のヨーロッパと中東への訪問とは違ってバラク・オバマ大統領はこれまでのアメリカ外交に謝罪を繰り返したりしなかった。それでもオバマ氏はアメリカの理念を訴えることに臆病なほど注意深いように見える。私はオバマ大統領がイギリスのサッチャー元首相の顧問を務めたナイル・ガーディナー氏の論文を読んだかどうかは知らない。ロシアからウクライナ、グルジア、イラン、そして他の国でも自由を求める人々はアメリカが強いリーダーシップを発揮することを望んでいる。私はガーディナー氏に同意しており、オバマ大統領はこうした国々でのアメリカの盟友達をもっと積極的に支援すべきである。

さらにこちらのリンクも参照。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年7月 3日

オバマ大統領にロシア政策の「チェンジ」を要求する公開書簡

外交政策の重鎮となる専門家と上院議員達がバラク・オバマ大統領に対してロシアに毅然と立ち向かうように要求する公開書簡を送った。7月1日、ロバート・ケーガン氏とウィリアム・クリストル氏が最近設立した外交政策イニシアチブというシンクタンクがオバマ大統領に、来るモスクワでの米露首脳会談でロシアの人権と民主主義について取り上げるように要求した("Open Letter to President Obama on Democracy and Human Rights in Russia"; Foreign Policy Initiative; July 1, 2009)。

約40名の賛同者はオバマ氏に世界的に有名になったプラハとカイロの演説で述べた自由の理想を実行するように要求した。この書簡に署名した専門家達はウラジーミル・プーチン氏の大統領就任以来、ロシアで政治的自由と経済的自由が後退していることに懸念を表明した。書簡の文末で、賛同者達はオバマ大統領にロシア市民と周辺諸国の犠牲の上に立って米露関係をリセットしないようにと強調した。

翌日、ジョン・マケイン氏とジョセフ・リーバーマン氏らの影響力のある上院議員達が大統領にロシアとの戦略兵器削減条約(START)の更新の交渉でミサイル防衛計画を取りやめないように圧力をかけた。署名した上院議員達はアメリカと同盟国の国益が犠牲にされてはならないと主張した(“Letter to President Obama from Senators Inhofe, Lieberman, Kyl, Nelson, McCain, Begich, Sessions, Johanns, Wicker, and Hatch”; July 2, 2009)。

両書簡が公開されたのはきわめて重要な時期である。つい最近、オバマ大統領はイランとホンジュラスの独裁者非難の動きが鈍いことを批判された。両書簡ともバラク・オバマ氏に合衆国の大統領に相応しい行動を求めている。

両書簡は当時のビル・クリントン大統領のイラク政策に関して送られた書簡と何か似ている。「新世紀アメリカのプロジェクト」(PNAC)はサダム・フセインに対して動きの鈍いクリントン氏を批判した。今やロシアはクリントン政権期の外交の失敗を象徴するかのように新たな脅威として再登場した。

両書簡はロシア問題にとどまらず、アメリカ外交全体に大きな意味を持つ。試されているのはオバマ大統領の外交政策能力にとどまらず、アメリカの理念に忠実で献身的に行動できるかなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日

米露戦略兵器削減交渉を前に

イタリアのラクイラで7月8日から10日にかけて開催されるG8サミットを前に、アメリカとロシアは7月6日から8日にかけて戦略兵器の削減交渉をモスクワで行なう (“Obama, Medvedev to talk nukes in July”; Press TV; 17 May 2009)。バラク・オバマ大統領とドミトリー・メドベージェフ大統領の会談を前に、米露両国の高官が軍備削減を話し合う。以下に掲載したロシア・トゥデーのビデオを観て欲しい。

アメリカ統合参謀本部長のマイケル・ミューレン海軍大将とロシア統合参謀本部長のニコライ・マカロフ陸軍大将は6月26日にモスクワで会談し、両国首脳会談の準備を行なった。モスクワ国立国際関係大学のミハイル・トロイツキー教授は米露両国とも相互の軍備削減の第一歩を象徴する合意を求めているという。

“Security talks can relaunch Russia-US relations”; June 26, 2009

“US is not intending to threaten Russia in any way – US top military official”; June 27, 2009

ミサイル防衛が交渉の重要な議題の一つになる見通しである。モスクワ国立大学フランクリン・ローズベルト基金のユリ・ログレフ所長は、交渉は難航すると見ている。

“The AMD and START issues cannot be separated”; June 26, 2009

アメリカとロシアはSTART―Ⅰが12月に失効する前に更新する必要があるという点では意見が一致している。しかしポーランドとチェコへのアメリカの迎撃ミサイル配備については両国の意見は対立している。オバマ氏は前任者のジョージ・W・ブッシュ氏の計画を取りやめるのだろうか、それともやめないのだろうか(“Will Obama shoot down Bush’s missile dreams during Moscow visit?”; Russia Today; July 1, 2009)?

他方でアメリカの保守派はオバマ政権が性急にロシアとの核交渉に走るあまり、アメリカ自身の核政策や国防政策が充分に検討されていないと懸念している(“U.S. and Russia Push Arms-Control Talks Forward”; Wall Street Journal; June 2, 2009)。

モスクワでのオバマ・メドベージェフ両首脳の会談は見過ごせない。両巨頭はこの他にイラン、北朝鮮、対テロ戦争も話し合う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »