« イラン危機の試練:元サッチャー英首相顧問がプラハとカイロの反米自虐演説を疑問視 | トップページ | オバマ大統領にロシア政策の「チェンジ」を要求する公開書簡 »

2009年7月 2日

米露戦略兵器削減交渉を前に

イタリアのラクイラで7月8日から10日にかけて開催されるG8サミットを前に、アメリカとロシアは7月6日から8日にかけて戦略兵器の削減交渉をモスクワで行なう (“Obama, Medvedev to talk nukes in July”; Press TV; 17 May 2009)。バラク・オバマ大統領とドミトリー・メドベージェフ大統領の会談を前に、米露両国の高官が軍備削減を話し合う。以下に掲載したロシア・トゥデーのビデオを観て欲しい。

アメリカ統合参謀本部長のマイケル・ミューレン海軍大将とロシア統合参謀本部長のニコライ・マカロフ陸軍大将は6月26日にモスクワで会談し、両国首脳会談の準備を行なった。モスクワ国立国際関係大学のミハイル・トロイツキー教授は米露両国とも相互の軍備削減の第一歩を象徴する合意を求めているという。

“Security talks can relaunch Russia-US relations”; June 26, 2009

“US is not intending to threaten Russia in any way – US top military official”; June 27, 2009

ミサイル防衛が交渉の重要な議題の一つになる見通しである。モスクワ国立大学フランクリン・ローズベルト基金のユリ・ログレフ所長は、交渉は難航すると見ている。

“The AMD and START issues cannot be separated”; June 26, 2009

アメリカとロシアはSTART―Ⅰが12月に失効する前に更新する必要があるという点では意見が一致している。しかしポーランドとチェコへのアメリカの迎撃ミサイル配備については両国の意見は対立している。オバマ氏は前任者のジョージ・W・ブッシュ氏の計画を取りやめるのだろうか、それともやめないのだろうか(“Will Obama shoot down Bush’s missile dreams during Moscow visit?”; Russia Today; July 1, 2009)?

他方でアメリカの保守派はオバマ政権が性急にロシアとの核交渉に走るあまり、アメリカ自身の核政策や国防政策が充分に検討されていないと懸念している(“U.S. and Russia Push Arms-Control Talks Forward”; Wall Street Journal; June 2, 2009)。

モスクワでのオバマ・メドベージェフ両首脳の会談は見過ごせない。両巨頭はこの他にイラン、北朝鮮、対テロ戦争も話し合う。

|

« イラン危機の試練:元サッチャー英首相顧問がプラハとカイロの反米自虐演説を疑問視 | トップページ | オバマ大統領にロシア政策の「チェンジ」を要求する公開書簡 »

ロシア&ユーラシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/45513251

この記事へのトラックバック一覧です: 米露戦略兵器削減交渉を前に:

» 再度「蒼き星々掲示板」様から転記:情けない政治家にカツを!麻生政権に責任転嫁の民主党にメールを! [雅子皇太子妃・皇太子御一家の現状は"第二の女系天皇問題"]
. 情けない政治家にカツを!民主党にメールを! 投稿者: 金木犀 投稿日:2009年 7月16日(木)22時59分19秒 返信・引用 編集済 <貨物検査法案>の審議に応じない民主党! 民主党には、たくさんの拉致議連の議員がいるはずなのに、審議拒否に対して、異論を唱えないのでしょうか? 民主党の拉致議連議員には、力がないんですか? それとも、名前だけの議連、バッジだけの免罪符ですか? 自民党も、醜い。 看板を次々変えて、自分たちで撰んだ代表を誰も支えない。みんなで貶めることばかり考えている? 次の総裁... [続きを読む]

受信: 2009年7月18日 20:02

« イラン危機の試練:元サッチャー英首相顧問がプラハとカイロの反米自虐演説を疑問視 | トップページ | オバマ大統領にロシア政策の「チェンジ」を要求する公開書簡 »