« 北朝鮮には先制攻撃すべきだったか?:ロバート・ケーガン氏の2003年発言を振り返る | トップページ | 核開発の野望に固執するイラン »

2009年9月22日

マクリスタル大将のアフガニスタン戦略提言の受諾に慎重なオバマ大統領

アフガニスタンに関する以前の記事で、私はアメリカのスタンレー・マクリスタル陸軍大将が増派の兵員数の提言をする第二次アセスメントを提出するであろうと記した。それがオバマ政権の政策形成過程に及ぼす影響については、今後の記事で検討してゆきたいここではアセスメントとそれに対するオバマ政権の態度について述べたい。

マクリスタル大将は緊急の極秘報告書で、この戦争には兵員の増派が必要だと警告している。さもなければ、作戦任務は失敗に帰すと述べている。しかし大将は「事態は深刻だが勝利は可能だ」と結論づけている。

マクリスタル大将は追加派兵だけでなく、アフガニスタンの統治の改善も提言している。国家機関が弱体なので政治家や官僚は権力濫用に走り、腐敗の蔓延につながっている。またマクリスタル氏はアフガニスタン政府の拘留施設管理能力の向上も提言している。現在、反乱分子の拘留者は過剰で、彼らへの尋問を効果的に行なってテロリストの関する情報を入手することが重要である。さらにマクリスタル氏はISAFと現地住民の関係を改善し、陸軍と警察を併せて40万人までアフガニスタン治安部隊の強化を支援すべきだとも提言している。

最後に、報告書ではテロリストの指令基地がパキスタンにあり、そこから指導者達がアフガニスタンの戦地で戦う戦士を支援していると指摘している。充分な増派が行なわれなければ、この戦争の最終的なコストはもっと高くつくとマクリスタル氏は結論づけている(“McChrystal: More Forces or 'Mission Failure'”; Washington Post; September 21, 2009)。

問題は以下の表に示されているように、アメリカ国民の間でのアフガン戦争の支持率が急落していることである。BBCのマーク・マーデル北米編集局員は「オバマ氏にとって選挙での不正が伝えられるアフガニスタン政府を支援するために兵員を送ることに消極的な与党と国民世論にマクリスタル大将の提言を説得するのは困難をきわめるだろう」と述べている。そうした雰囲気を考慮してか、マクリスタル大将はfailure(失敗)というきつい語彙を使って大幅な増派を強く求めている。BBCのポール・レイノルズ国際特派員はマクリスタル氏がFワードまで使ったのは、最終的に戦争を成功に導きたいからであると言う(“US in Afghanistan failure warning”; BBC News; 21 September 2009)。

_46413801_afghan_poll_226_1

このアセスメントに先立ち、イギリス陸軍のアフガニスタン司令官として着任したばかりのサー・デービッド・リチャーズ大将はNATOが敗退すれば世界各地の過激派を「劇的に活性化させる影響」をもたらすであろうと強調した“General: If we fail, the world’s terrorists will be intoxicated”; Evening Standard; 18 September 2009)。

_46415056_afghanistan_troops4_466

出典:BBC

そうした中でバラク・オバマ大統領はアセスメントの受諾に慎重で、スタンレー・マクリスタル大将が正式に増派を要請する前にアフガニスタン戦略の再検討を行なう方針である。共和党のミッチ・マコネル上院議員は、前政権がイラクに関して行なったのと同様に大統領はマクリスタル大将の進言に従うべきだと主張する。マコネル上院議員は、この戦争に関してオバマ大統領はデービッド・ペトレイアス大将とスタンレー・マクリスタル大将にもっと経緯を払うようにと述べている(“Obama Questions Plan to Add Forces in Afghanistan”; Wall Street Journal; September 21, 2009)。

この記事ではアフガン戦争に関する戦略アセスメントに関する動向を記しただけである。静的な分析はアフガニスタンに関する今後の投稿で行ないたい。この戦争はオバマ大統領の指導力を試す重要なテストである。

|

« 北朝鮮には先制攻撃すべきだったか?:ロバート・ケーガン氏の2003年発言を振り返る | トップページ | 核開発の野望に固執するイラン »

中東&インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/46280583

この記事へのトラックバック一覧です: マクリスタル大将のアフガニスタン戦略提言の受諾に慎重なオバマ大統領:

« 北朝鮮には先制攻撃すべきだったか?:ロバート・ケーガン氏の2003年発言を振り返る | トップページ | 核開発の野望に固執するイラン »