« 核開発の野望に固執するイラン | トップページ | スローガンの変更 »

2009年9月28日

アフガニスタンで試されるオバマ氏:最高司令官としての能力と同盟国との関係

現在、アフガニスタンは危機的な状況にあり、オバマ政権はアフガニスタン多国籍軍司令官のスタンレー・マクリスタル陸軍大将の提言を受け入れるか否か重大な決断を下す必要に迫られている。大統領選挙中にバラク・オバマ氏は対テロ戦争の主要な戦場をイラクからアフガニスタンへ移すべきだと主張した。さらにイラクからの早期撤退とアフガニスタンへの部隊の配置転換にさえ言及した。よって、オバマ政権にとってアフガニスタンの任務の状況改善は死活的なのである。アフガニスタンの作戦はイラク以上に多国間の性質があり、オバマ大統領の決断はNATO同盟諸国の安全保障政策にも重要な影響を及ぼす。また、新しく選出された日本の鳩山政権も、日米同盟を対等な関係にリセットしようというならマクリスタル・アセスメントに対するワシントンの反応を理解する必要がある。

反乱分子の攻勢の激化と8月20日の大統領選挙で不正が伝えられる状況から、マクリスタル大将はロバート・ゲーツ国防長官を通じて第一次戦略アセスメントをオバマ大統領に提出した。上のビデオに示されたように、バラク・オバマ大統領はジョージ・W・ブッシュ前大統領のように将軍達の提言を気前よく受け入れたりはしない。マクリスタル氏は多国籍軍に敵の殲滅だけにとらわれるのではなく、現地住民の支持も得るべきだと強調する。そして事態の進展を妨げているのは勢いを盛り返す反乱分子の脅威の他に政府と国際部隊に対する信頼の危機である。住民の支持を得るには、我々は二つの脅威から彼らを守らねばならない(p.5 ~ 6)。さらにアフガニスタン国民はアメリカとNATOの軍を占領軍と見なしたことはないというアフガニスタンのアブドゥル・ワルダク国防相の発言を引用している。これはソ連の侵攻の場合とは全く異なる(p.8)。殆どのメディアはこの重要な発言に言及しない。

統合参謀本部長のマイケル・ミューレン海軍大将とアメリカ中央軍司令官のデービッド・ペトレイアス陸軍大将は、マクリスタル・アセスメントへの支持を表明した(“McChrystal Request to Reach Pentagon by End of the Week”; Washington Post; September 24, 2009)。アフガニスタンへの増派を強く推すために、ミューレン大将はドイツのラムシュタイン空軍基地でマクリスタル大将、ペトレイアス大将、そしてNATO軍最高司令官のジェームズ・スタブリディス海軍大将と会談した。議会ではジョン・マケイン上院議員がオバマ政権にできるだけ速やかな同派を行なうように要求した(“U.S. Military Leaders Discuss Troop Needs for Afghanistan”; Washington Post; September 26, 2009)。アメリカ軍首脳達からの強い要求にもかかわらず、オバマ大統領はアセスメントの検討を行なっている最中である。第二次アセスメントは10月初旬に大統領に送られる(“Top general in Afghanistan asks Pentagon for more troops”; Los Angels Times; September 26, 2009)。オバマ政権内では、ジョセフ・バイデン副大統領、ラーム・エマニュエル首席補佐官、ジェームズ・ジョーンズ国家安全保障担当補佐官らが増派に代わる戦略を主張するのに対し、ヒラリー・ロッダム・クリントン国務長官とリチャード・ホルブルック特別アフガニスタン・パキスタン担当代表らがマクリスタル・アセスメントを支持している(“Plan to Boost Afghan Forces Splits Obama Advisers”; New York Times; September 26, 2009)。

そうした中でミューレン大将をはじめとするラムシュタイン会談の参加者達に手渡された第二次アセスメントで、マクリスタル大将は追加派兵について3万人から4万人までの選択肢を示した。共和党側は派兵の決断を迅速に行なうように要求している(“U.S. commander offers troop options for Afghanistan”; Reuters; September 28, 2009)。

アフガン戦争はオバマ大統領が最高司令官に適任かを試す真のテストである。私は以前の記事で、選挙中には軍人の殆どがこの分野でのオバマ氏の能力に懸念を抱いていたことを述べた。

また、オバマ政権の決断はヨーロッパの同盟国にも重大な影響をもたらすであろう。ヨーロッパ改革センターのトマス・バラセク氏は、オバマ氏が追加派兵しなければヨーロッパの兵力は撤退するであろうと指摘する(“ANALYSIS - Obama's Afghan troop response is key for Europeans”; Reuters India; September 23, 2009)。バラク・オバマ氏は自由諸国民の勝利に本気で取り組んでいることを示す必要がある。マクリスタル・アセスメントで最も重要なメッセージは、市民生活の保護と連合軍へのアフガニスタン国民の信頼である。この報告書を読み返し、そしてブッシュ政権がイラクでとったような必要な手段を迅速に講じねばならない

|

« 核開発の野望に固執するイラン | トップページ | スローガンの変更 »

中東&インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/46338500

この記事へのトラックバック一覧です: アフガニスタンで試されるオバマ氏:最高司令官としての能力と同盟国との関係:

« 核開発の野望に固執するイラン | トップページ | スローガンの変更 »