« オバマ=カーター?:FP誌カバー記事のレビュー | トップページ | オバマ政権下での「ほろ苦い」英米関係 »

2010年2月28日

グローバル・フォーラム・ジャパン会報に掲載

以前の記事に記した日本・黒海地域対話を主催したグローバル・フォーラム・ジャパンというシンクタンクより、同研究所の政策掲示板「議論百出」への私の寄稿を4月の会報に掲載するとのお知らせがありました。

日本を代表する政治家、官僚、学者、言論人などが寄稿する「議論百出」の中で、私の寄稿が取り上げられるのは非常に名誉なことです。

その寄稿文は、こちらのリンク(および)にある通り、日本は明治維新をモデルに近代化路線を歩んだトルコとイランとの歴史的関係を軸に、黒海・カスピ海・中東地域で欧米諸国との緊密な協調を通じて積極外交をせよという内容です。

今回の件を非常に喜ばしく思っています。

|

« オバマ=カーター?:FP誌カバー記事のレビュー | トップページ | オバマ政権下での「ほろ苦い」英米関係 »

お知らせ&報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/47690962

この記事へのトラックバック一覧です: グローバル・フォーラム・ジャパン会報に掲載:

« オバマ=カーター?:FP誌カバー記事のレビュー | トップページ | オバマ政権下での「ほろ苦い」英米関係 »