« 米英識者が語るビン・ラディン後の世界 | トップページ | ポーランドをめぐるロシアと欧米のせめぎ合い »

2011年5月24日

イスラエルに対するオバマ大統領の5・19演説に異議あり

バラク・オバマ大統領はオサマ・ビン・ラディンへの攻撃の成功を節目に中東改革に対する基本的なアプローチを表明する演説を行なった。この演説では広範囲にわたる問題が取り上げられたが、中でもイスラエル・パレスチナ問題への言及はメディアの注目を多いに集めた。国際社会はオバマ氏が5月19日の演説で中東和平のためにイスラエルに1967年の国境外の土地の放棄を迫った一件に歓喜した。これは多くの人が期待するほどの突破口になるのだろうか?この問題を手短に述べたい。

イスラエルの視点に立てば、オバマ氏はパレスチナ側に何も要求せずにイスラエルには土地の放棄を要求している。エルサレム・ポストのダビド・ホロビッツ記者はオバマ氏が2009年のカイロ演説でユダヤ民族と現在のイスラエルの領土の間にある歴史的関係に言及しなかったと指摘する。歴史と主権の関係が受け入れられないなら、イスラエルとパレスチナの間で真の妥協は成立しないとホロビッツ氏は言う(“Obama’s failure to internalize Palestinian intolerance”; Jerusalem Post; May 20, 2011)。イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相はオバマ氏の演説を2004年にジョージ・W・ブッシュ大統領とアリエル・シャロン首相の間で交わされた合意を覆すものと解釈している。その合意では1967年国境外地域からのイスラエルの全面撤退は要求されないこと、そしてパレスチナ難民を将来のパレスチナ国家が受け入れることが記されている。同じくエルサレム・ポストのヘルブ・カイノン記者は、オバマ氏の発言を以下の三点から批判している。第一はオバマ氏が1967年の国境を和平交渉の基本だと述べたために、イスラエルは六日戦争で獲得した領土の全てをパレスチナ側に譲り渡すことになる。これはオバマ氏がパレスチナの政策目標を擁護しながら、イスラエルには全面的な妥協を要求していることになる。第二にオバマ氏は2004年の合意で謳われたパレスチナ難民のパレスチナ国家への帰還を再確認しなかった。これによって難民問題が曖昧になり、イスラエル側の懸念を刺激した。第三にオバマ氏はハマスとの対話路線を以下の基本原則を明確に要求もせずに始めようとしている。それはテロの抑制、イスラエルの承認、そして従来からの合意の受容である(”Analysis: What rankled Netanyahu in the Obama speech”; Jerusalem Post; May 20, 2011)。

アメリカ側からのオバマ提案への批判も取り上げたい。イスラエルの占領地からの完全撤退は考えにくいが、アメリカの政策形成者達は1967年の国境と殆ど同じ国境線を想定している。2004年の合意については、アメリカとイスラエルの双方でこのように解釈されている。しかしアメリカン・エンタープライズ研究所のダニエル・プレトカ副所長は、この演説のタイミングとバランスは不適切だと述べている。オバマ氏は1967年の国境について政権内の高官達に何の相談もせずに、直前になって独断で盛り込むことにしたという。共同記者会見でオバマ大統領の傍らに立つネタニヤフ首相が、この論争を呼び起こしかねない演説を聞いて驚愕したのも無理からぬことである。バランスに関しては、オバマ氏はハマスのテロとパレスチナ地域の劣悪な統治を非難もしなかった。プレトカ氏はこうしたバランスの欠如の根底にはオバマ氏がイスラエルに対して抱く反感があり、それはアメリカの価値観とも国益とも相容れないと述べている(“A Little More on the 1967 Lines, Obama and Israel”; Enterprise Blog; May 20, 2011)。いずれにせよ、私はオバマ氏が犯したタイミングとバランスに十分な考慮も払わずに従来の合意を覆すという過ちは、日本の鳩山由紀夫元首相が普天間航空基地で犯した過ちと同じものであるという議論を呼び起こしたい。

イスラエル・パレスチナ和平交渉に向けたオバマ氏の新提案を称賛するには、時期尚早である。他方でバラク・オバマ氏は中東民主化推進というブッシュ政権の政策を再確認しており、国際社会も5・19演説の主題とも意言うべきこのメッセージにもっと注目しなければならない。ベンヤミン・ネタニヤフ氏を驚愕させた空虚なパフォーマンスがなければ、この演説はもっと意義深いものだったと思われるだけに、これは残念である。

|

« 米英識者が語るビン・ラディン後の世界 | トップページ | ポーランドをめぐるロシアと欧米のせめぎ合い »

中東&インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/51759983

この記事へのトラックバック一覧です: イスラエルに対するオバマ大統領の5・19演説に異議あり:

« 米英識者が語るビン・ラディン後の世界 | トップページ | ポーランドをめぐるロシアと欧米のせめぎ合い »