« アフガニスタンからの米軍撤退を批判的に検証する | トップページ | それでもイスラム過激派は極右より大きな脅威である »

2011年7月23日

ヘルマンド州都よりの英軍撤退がアフガン情勢に与える影響

アフガニスタン南部のヘルマンド州の州都ラシュカル・ガーからのイギリスの撤退は、前回の記事で述べたオバマ政権のアフガン戦略の重要な試金石となる。アメリカの同盟国の中でも、アフガニスタンとイラクでの「テロとの戦い」ではイギリスの貢献度は群を抜いている。2009年の増派を前に、イギリスはオバマ政権にスタンレー・マクリスタル陸軍大将の増派計画を受け入れるよう強く要求した。ボブ・エインスワース国防相(当時)は、イギリス軍の死傷者を減らすためにもアメリカ軍の追加派兵を求めた在アフガニスタン英軍司令官のサー・デービッド・リチャーズ陸軍大将はNATOが敗退すれば世界各地の過激派を「劇的に活性化させる影響」をもたらすであろうと強調したバラク・オバマ大統領が増派という最終決断を下すに当たって、英米間の特別関係も何らかの影響を与えている。さらにイギリス陸軍はアフガニスタンで大変な偉業を成し遂げた。2009年11月には王室騎兵隊のクレイグ・ハリソン軍曹が2,475m離れた場所にいたタリバン兵を射殺している。これは戦闘時の狙撃としてはギネス・ブック記録である。今年6月のNATOブリュッセル国防省会議では、ロバート・ゲーツ米国防長官(当時)が他のヨーロッパ諸国に国防費の増額を求める中で、リアム・フォックス国防相は西側同盟の防衛でのイギリスの貢献度の高さを高らかに主張した("Gates Questions NATO's Future"; Wall Street Journal; June 11, 2011)。

そうしたイギリス軍の貢献度の高さを考慮すれば、ラシュカル・ガーの治安の権限をアフガニスタンに委譲したことは、この戦争の次の段階を見定める試金石である。イギリス政府は当地での治安に進展が見られると強調するが、事態は依然として予断を許さない。ラシュカル・ガーでの権限委譲が失敗に帰してしまえば、ISAFの作戦にもオバマ氏の米軍撤退計画にも大きな支障をきたすことになる。実際にアメリカのメディアの今回のイギリスの行動を注視している。

外務英連邦省によると、ラシュカル・ガーの治安は急激に改善したという。以下のビデオを参照して欲しい。

7月19日にはウィリアム・ヘイグ外相が議会にレポートを提出し、6月に入って反乱勢力の襲撃は増加したもののアフガニスタン治安部隊が効果的に対応していると述べている (“Progress in Afghanistan during June 2011”; FCO News; 19 July, 2011)。ヘイグ外相とヘルマンド州のグラブ・マンガル知事は、権限委譲を次の時代への大きな一歩だと祝福した。ヘイグ氏はイギリスが戦闘任務を完了する2015年以降もアフガニスタンに軍事援助と開発援助を供給し続けると述べた(“Afghans take the lead in Lashkar Gah security”; FCO News; 20 July, 2011)。しかしアフガニスタン外務省のジャナン・モサザイ報道官は、この権限委譲は治安の責任所在にとどまらないと明言し、「この権限委譲の目的は、長期的に安定、安全、平和なアフガニスタンを確立することが全てで、それこそが周辺地域と全世界の安全保障と安定に寄与する」と述べている。NATOのアナス・フォー・ラスムッセン事務局長は権限委譲によって自国民同士で戦う羽目に陥るタリバンの立場は弱まると言う。

しかし事態は高官達が主張するようには進んでいない。アフガニスタン国民は自国政府の治安維持能力を信用していない。今年の3月にアフガニスタンのハミド・カルザイ大統領が7月以降に7ヶ所での治安権限の委譲を行なうと表明して以来、暴動事件は急激に増加している。イギリスはそうした状況下でラシュカル・ガーの治安権限を委譲した(“Lashkar Gah: NATO hands over volatile Afghan city”; BBC News; 20 July, 2011)。カブールやバーミアンのように比較的安定した地域とは違い、ラシュカル・ガーでの権限委譲は控え目なもので、アフガニスタン治安当局に返還されたのは中心街だけである(“In southern Afghanistan, a modest transition”; Washington Post; July 21, 2011)。

ジョン・マケイン米上院議員が述べたように、戦場の実態よりもカレンダーに基づいて兵員撤退を行なうことは馬鹿げている。情勢が不安定なラシュカル・ガーからの英軍撤退は限定的である。権限委譲の結果はアフガン戦略の行方に大きな影響を及ぼす。また、イギリスはリビアからアフガニスタンに及ぶ中東の戦争に多大な貢献をしている。こうしたことから、私はイギリスがラシュカル・ガーの治安権限を委譲したことに注目を呼びかけたい。

|

« アフガニスタンからの米軍撤退を批判的に検証する | トップページ | それでもイスラム過激派は極右より大きな脅威である »

中東&インド」カテゴリの記事

英米特別関係&大西洋同盟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/52284366

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルマンド州都よりの英軍撤退がアフガン情勢に与える影響:

« アフガニスタンからの米軍撤退を批判的に検証する | トップページ | それでもイスラム過激派は極右より大きな脅威である »