« アメリカはアジアも中東も守るべし | トップページ | イラン核開発の阻止へ先制攻撃の是非 »

2011年11月19日

中東・イスラムの歴史と現代政治に関するプレゼンテーション

去る11月17日、国際文化アナリストの目崎雅昭氏の主宰で以下のプレゼンテーションを行ないました。基礎から現代政治まで、広い話題に議論は盛り上がりました。

題名;「イスラム世界と国際社会の今後」

1.入門編

スンニ派、シーア派、ジハードなど基礎知識と背景について

2・イスラムと政教分離:歴史を振り返る

日本とイスラムの関係も注目!=明治維新とトルコ、イランの西欧化

3・イスラム世界の民主化および近代化=イスラム・テロの温床は断ち切れるか?

4・現代中東の問題

イスラエルへの批判は過剰?

イスラムの反近代化=イラン革命=イスラム復古主義の台頭

5・昨今の問題

イラン核開発をめぐる国際的緊張

イラク・アフガニスタンからの米軍撤退の是非

|

« アメリカはアジアも中東も守るべし | トップページ | イラン核開発の阻止へ先制攻撃の是非 »

お知らせ&報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/53285654

この記事へのトラックバック一覧です: 中東・イスラムの歴史と現代政治に関するプレゼンテーション:

« アメリカはアジアも中東も守るべし | トップページ | イラン核開発の阻止へ先制攻撃の是非 »