« 日本こそレッド・チャイナからアメリカとアジアを守る防壁である | トップページ | トルコ人はトルコをどう見ているのか »

2013年5月31日

イランの世俗的民主化を求めるフェイスブック運動

2010年12月にチュニジアで始まったフェイスブック革命がエジプトからリビアに広まったことは記憶に新しい。現在、世界の公衆がアラブの春に失望する向きがあるのは、イスラム主義が台頭しているからである。この点から、イランの自由を求めるフェイスブック運動が世俗的民主主義を求めていることは注目に値する。様々な団体がフェイスブックでページやグループを作ってイランの自由を求める運動を広めてる。

ここでページとグループについて説明したい。フェイスブックには2種類のコミュニケーションがある。「ページ」とは少数の管理人たちが自分達への支持の意思表明として「いいね」クリックをした者に対してメッセージを送信する一方向のコミュニケーションである。他方で「グループ」では管理人と会員が相互にコミュニケーションを行なう。グループの会員として承認されれば、誰でもそこのウォール上に記事を投稿できる。両方のコミュニケーション方法を利用して、イランの民主化運動は雨後の筍のように次々と生まれている。こうした運動がチュニジアのように成功を収めるかどうかは知る由もないが、テヘランの神権政治がインターネット運動を管理できないことが明らかになっている。

チュニジアとエジプトの場合と違い、イランのフェイスブック運動が非常に世俗的な理由は、それが軍事政権ではなく神権政治に対して戦っているからである。アラブの春は学生達の緩やかなネットワークによって動かされたが、イランの運動はもっと求心力がある。これは重要な点であり、それは特にエジプトでは学生運動がイスラム主義者に乗っ取られてしまったからである。イランの運動ではレザ・パーレビ元皇太子が中心的な役割を果たしている。パーレビ家が王位に復帰することはないだろうが、ヨーロッパでも見られたように君主制は宗教的狂信主義や軍事独裁に対するビルトイン・スタビライザーである。

現在、パーレビ氏はメリーランド州ベセスダを拠点に欧米の市民社会に対してメディアを通じてイランの自由を支援するように訴えかけている。パーレビ氏がフェイスブックに開設した公式ページは全世界から15万8千近くの「いいね」クリックを受け、中でも最も多いのはインターネット検閲の厳しいテヘランからである。パーレビ氏自身の公式ページの他に、彼の支持者が立ち上げた「レザ・パーレビ皇太子ファン・ページ」まである。イランの民主化運動の支持者達はフェイスブックのページとグループを通じて情報や意見を交換し、価値観を普及させ、全世界での連帯感を高めている。かなり多くの個人がフェイスブックのプロフィール写真にパーレビ家の家族写真を利用している。

シール・オ・コルシード(Shir o Khorshid )すなわち獅子太陽旗もイランの自由を求める活動家の間で象徴となっている。この紋章はササン朝からパーレビ朝までの様々な王朝にイランの伝統的な記章とされてきた。イラン革命後のシーア派神権政権は、タウヒードすなわちアラーへの絶対的な帰依を表す4つの三日月と一本線というイスラム色の強い象徴を採用している。その結果、イランの反体制派は民族の伝統的な紋章を愛国主義と神権体制への抵抗を示すために活用している。「レザ・パーレビ公式ページ」や「イラン人と彼らの友人達」などのページではカバー写真にシール・オ・コルシードが掲げられている。革命の前と後のイラン国旗を比較して欲しい。


Flag_of_iran_before_1979_revolution
革命前

Flag_of_iransvg
革命後


政治的な側面から見れば、イランの民主化を求めるページやグループはアメリカおよびイスラエルとの強い連帯を示している。中にはイスラム主義とシャリア法への嫌悪感からアメリカの保守派と緊密な関係にあるページやグループもある。そうしたページやグループへの参加者の多くはアメリカ人および欧米に亡命しているイラン人のようだが、イラン国内からかなり多くのイラン人が祖国の厳しいインターネット検閲を潜り抜けて参加している。2009年のグリーン運動に見られたように、イランの自由を求める活動家達や一般国民はアメリカの支援を渇望している。しかしなぜイスラエルなのか?歴史的にイランはユダヤ人と良好な関係にあるバビロニアの圧政から古代ヘブライ人を解放したのはキュロス大王である。現在、イランは中東で最大のユダヤ人人口を抱える。さらにイスラエルのモシェ・カツァブ元大統領はイラン出身であり、イラン人もそのことを誇りに思っている。現在の神権政治によってイスラエルとの古く深い関係は破壊されている。

イランの自由を求める活動家たちが主張を掲げるのはインターネットだけではない。イラン系アメリカ人は今年の4月14日にニューヨークでペルシアン・パレードというイベントを開催した。このパレードは元々、2004年にノウルーズを祝うために始められた。このイベントの主な目的は在米イラン人の結束を高め、伝統的なペルシア文化への理解を普及させることにあるが、イランの自由を求める活動家達はイベントを利用して祖国のレジーム・チェンジを訴えるための啓発活動を行なっている。ペルシアン・パレードは完全にグラスルーツ主体で運営され、レザ・パーレビ氏やマリアム・ラジャビ氏、あるいはノーベル平和賞受賞者のシリン・エバディ氏といった反体制派の著名人に依存していない。 このパレードではアメリカの騎馬警官隊が獅子太陽旗と星条旗を掲げて並んで行進している。これはイランの民主化運動とアメリカの市民社会の緊密な関係を訴えている。以下の写真を参照して欲しい。


Persian_parade
並んで行進する獅子太陽旗と星条旗


イランが世俗的民主主義になればアフリカからかけて中国に大きな影響を与えるだろう。現在、エジプトとトルコではイスラム主義が台頭し、アル・カイダはサヘル地域からカフカス、中東全域に自分たちの根拠地を築いている。しかしアル・カイダの勢力は東西トルキスタンまでは及んでいない(“The al Qaeda Franchise Threat”; Wall Street Journal; April 30, 2013)。イランの世俗的民主化運動を支援すれば、アラブ地域のみならず北アフリカから新疆にかけて宗教のバイアスから解き放たれた民主主義を普及できるであろう。特にペルシア文化の伝統は中央アジアのイラン系およびテュルク系の民族の間で根強い。よって宗教的狂信主義影響を脱した民主化のポジティブなドミノ現象が起これば、ユーラシア全土で東アジア諸国を含めた自由諸国は戦略的に有利な立場となるであろう。世俗的民主主義がトルキスタンに根付いてしまえば、西側としてはテロとの戦いで中国と妥協する必要がなくなり、この国の海洋拡張主義にも人権抑圧にも断固とした対応がとれるようになる。だからこそ、この記事がイランの民主化運動に世界の注目をさせるうえでいささかなりとも役立てばと願っている。

|

« 日本こそレッド・チャイナからアメリカとアジアを守る防壁である | トップページ | トルコ人はトルコをどう見ているのか »

中東&インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/57498685

この記事へのトラックバック一覧です: イランの世俗的民主化を求めるフェイスブック運動:

« 日本こそレッド・チャイナからアメリカとアジアを守る防壁である | トップページ | トルコ人はトルコをどう見ているのか »