« オバマ大統領ではアメリカは分裂する | トップページ | イランとの核交渉は実を結ぶのか? »

2013年11月30日

イラン核開発の時系列年表

ジュネーブ交渉によってイランとの核協定を結ぶべきかどうか論争を呼んでいる。イランの原子力開発はシャーの時代に逆上る。ニューヨーク・タイムズ紙は現在進行中の交渉を理解するために核開発の時系列年表を作成している。

モハメド・レザ・パーレビ国王が石油後のイラン経済を見据えていたことはよく知られ、原子力発電所建設計画はパーレビ王政時代の高度経済成長を持続させるための中核となる政策であった。イランは1950年代よりアメリカから大々的な技術支援を受け、1968年には核不拡散条約に加盟した。


Irantimeline1979shahfleesarticlelar


事態が急変したのは1979年のイラン革命からである。原子力計画は1984年のブシェール核施設の再建により再出発となった。また1995年にはロシアがイランと原子力事業契約を結んだ。当時のボリス・エリツィン露大統領は冷戦後の西側との共存を模索したが、イランンに原子力技術を輸出せぬようにというアメリカの要請は受け入れなかった。2002年にはイランの反体制派ムジャヘディン・ハルクが核兵器開発の秘密計画を暴露した。以下の地図には主要各施設が示されている。


11irangraf01readyblog480


こうした危機の継続にもかかわらず、国連が制裁を科したのは何と2006年になってからである。非常に興味深いことに、2008年にイスラエルがブッシュ政権に対して秘密裏に、かつてサダム・フセインの核計画阻止のためにイラクの核施設を攻撃したようにイランの核施設攻撃を持ちかけていた。ブッシュ政権はその代りにイスラエルと共同でイランにサイバー攻撃を仕掛けた。この時系列年表は数十年にわたるイランの核危機の理解に一役かえる。イランの核の脅威については後ほどさらに議論したい。

|

« オバマ大統領ではアメリカは分裂する | トップページ | イランとの核交渉は実を結ぶのか? »

中東&インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/58673581

この記事へのトラックバック一覧です: イラン核開発の時系列年表:

« オバマ大統領ではアメリカは分裂する | トップページ | イランとの核交渉は実を結ぶのか? »