« 横田基地の日米友好祭に見る国民の真意 | トップページ | アメリカ海軍航空戦力の進化と課題 »

2015年9月30日

核合意をめぐるイランとアメリカについての追記

以前の記事ではキャピトル・ヒルでイラン核合意反対派が合意の破棄を目指して協力に働きかけていた。しかし3度目の投票で反対派は3分の2の多数を取れなかった。その結果、大統領の法案が上院を通過した(“Last bid to kill Iran nuclear deal blocked in Senate”; Reuters; September 17, 2015)。それにもかかわらず、民主党でもベン・カーディン上院議員、ジョー・マンチン上院議員、ボブ・メネンデス上院議員、チャック・シューマー上院議員の4氏が共和党とともに3回続けて合意への反対票を投じた(“Senate Dems stonewall Iran resolution, handing victory to Obama”; Hill; September 17, 2015)。

しかし反対派は核合意に厳しい制約を科してイランの不履行を防ごうという希望を捨て去っていない。そのために、イランが合意を履行しないなら1996年のイラン制裁法の復活を要求し、外国企業にイランの石油および天然ガス産業への投資をせぬように圧力をかけようとしている。これと並行して湾岸アラブ諸国とイスラエルへの軍事援助によって対イラン抑止力の強化を推し進めている。さらに、査察には長い時間がかかるので、イランと国際社会の対立も起きるかも知れない。反対派はイランに合意の順守を厳しく求めてゆくであろう(“Iran nuclear deal is done, but not the debate in Congress”; AP; September 19, 2015)。国連査察官とサダム・フセインの対立がイラク戦争の引き金となったことを思い出すべきである。

P5+1の協調は砂上の楼閣の上に建っている。シリアでの見解の相違は核合意の当事者を分断している。ロシアとイランはアサド政権を支援してISISと戦おうとしているが、アメリカは自由シリア軍への支援によってアサド体制から民主体制への転換をさせようとしている。サウジアラビアはイランがアサド政権支援によってシリアで影響力を拡大させることを恐れている(“US-Russia tensions on show as Putin and Obama clash over Syria”; Guardian; 28 September, 2015)。この地域の両大国の緊張が激化すると、イランと外部世界の相互信頼は一層脆弱になってゆくだろう。

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村


国際政治・外交 ブログランキングへ

|

« 横田基地の日米友好祭に見る国民の真意 | トップページ | アメリカ海軍航空戦力の進化と課題 »

中東&インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109615/62379813

この記事へのトラックバック一覧です: 核合意をめぐるイランとアメリカについての追記:

« 横田基地の日米友好祭に見る国民の真意 | トップページ | アメリカ海軍航空戦力の進化と課題 »